FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

描き継ぐ日本美 円山派の伝統と発展

既に終わった展覧会だが、好ましかったのでやはり感想を挙げておきたいと思う。
三の丸尚蔵館の「描き継ぐ日本美 円山派の伝統と発展」後期展へ向った。
この企画を知ったのが遅く、前期に行けなかったのが残念である。

たいへん好ましい空間だった。
応挙に始まり、山元春挙、竹内栖鳳までの血脈が集められている。

応挙 馬図 仲良しな二頭のいる図。馬の滑らかな毛並みがリアルである。

森狙仙 猿の図 例によって猿である。ここでは二点あり、モコモコした猿がくつろぐ図と、のみとりをする図が出ていた。ほんわかムードにあふれている。

京都府画学校校員画帖 これが面白かった。
森寛斎 後赤壁図 モァ~とした大気に包まれた渓谷の中で。

川端玉章 浜離宮春秋図 いつも行かないが、それだけにこうして図になったのを見ると「今度は行こうか」と言う気になってくる。
藤の橋に、鴨池。春秋の喜びを凝縮している。

玉章と村瀬玉田の画帖があり、全点を見たいと思うがそれは無理なことで、図録に図版があるのだけでも楽しくなる。

山元春挙 義士隠棲 遠目からでも「春挙だろう」と思った。
巨大な雪景の中の山。山は黙して語らず、しかし絵から読み取れる物語は無限に大きい。
ダイナミックな美しい絵だった。

前期のほうを知りたくてリーフレットを眺めると、非常にいい感じである。
これは前期もぜひとも行っておくべきだった。
惜しいことをした・・・
とりあえず、終わってしまったが、こうして軽い感想を挙げておく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア