FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

十月の統括と記録

今月の統括をしたい。

今月もやっぱり隙間なく出かけているが、松江に行き損ねたのが非常に痛かった。
出雲阿国の展覧会、チケットあるのに行き損ねたのは、今月つまり十月が世間は神無月でも雲州は神在月だということ・60年に一度の遷宮の年だということを、完っっ全にスル―していたのが原因だった。
痛い、こんな痛いことはない。
「鷹の爪団」の島根県自虐カレンダーだって、十月は「人口5000人、神様800万人」とか書いてるじゃないか。(人口はもっと多いか)
ああ、「十月はたそがれの国」(byレイ・ブラッドベリ)。
行った人らの話を聞くとザンキに耐えない。
関係ないが、北海道では唐揚げを「ザンギ」というそうで、沖縄のドーナツは「サーター・アンダギー」だ。

ほんまに反省している。
どこがや、とはツッコまないでいただきたい。
展覧会も以下のように出かけている。

20131005 杉本美術館所蔵『新・平家物語』挿絵展 青梅市美術館
20131005 ムットーニワールド からくりシアターⅢ 八王子夢美術館
20131005 ピッティ宮近代美術館コレクション トスカーナと近代絵画 もうひとつのルネサンス 損保ジャパン
20131005 ルオー 千葉市美術館
20131006 ネコライオン 東京都写真美術館
20131006 センガイと一休 出光美術館
20131006 四季礼讃 水のながれ 野間記念館
20131006 竹内栖鳳展 近代日本画の巨人 東京国立近代美術館
20131006 加山又造と近代絵画の巨匠たち セキ美術館所蔵名品展 ニューオータニ美術館
20131006 モローとルオー 汐留ミュージアム
20131006 藤城清治 光と影の動物園 教文館
20131006 京都 洛中洛外図と障壁画 東京国立博物館
20131010 無鄰庵 建築探訪
20131012 ヴィクトリア時代の室内装飾 女性たちのユートピア lixilギャラリー
20131012 ポスターグラフィックス クラブコスメ
20131012 高島屋のポスター 高島屋史料館
20131013 仏教美術の輝き 香雪美術館
20131019 石垣栄太郎 和歌山県立近代美術館
20131019 2013秋のコレクション /香山小鳥 ゆきの日のかげ 和歌山県立近代美術館
20131019 黄河と泰山 和歌山県立博物館
20131019 橋本間雪 兵庫県美術館
20131019 秋のコレクション 小磯・金山 兵庫県美術館
20131026 中国古陶磁清玩 白檮廬コレクション 東洋陶磁美術館
20131026 花外楼 老舗料亭の一品 大商大商業史博物館
20131026 宮川長春 大和文華館
20131026 正倉院展#65 奈良国立博物館
20131026 ならの仏像 奈良国立博物館

感想挙げ損ねているのがいくつかある。それどころか九月の信州ツアーも書けてない。
書けてない原因は写真がSDカードに入らなくてPCに載らないので鬱屈し、いやになったのだ。他にも丹波篠山ツアーや無鄰菴の見学も挙げてない。こちらはカメラなのだが。
展覧会ではなんというても、信州の田中本家の婚礼衣装の話と、千葉のルオーに汐留のモローにルオー。香雪美術館の仏教絵画も、青梅で見た杉本健吉の「新平家物語」の挿絵も、みんなツイッターでばかり書いて、本当の感想を挙げてへんがな~~~!!
こうして反省材料は無限に出てくる。

とりあえず会期は終わってしまったが、簡単な感想を少し挙げる。
杉本の「新平家」は書くことが多くなりすぎるので、別に岡本太郎の挿絵ともども一本にする予定。

香雪美術館で「仏教美術の輝き」展を見た。既に終了。
一階は仏像オンパレード。二階は絵巻や仏画など。

久しぶりに「稚児の草子」を見た。稚児が病死して、数か月後に棺を開くと実は観世音菩薩の化身が法師を憐れんで、稚児としてこの世に出て来たことがわかる話。観音は僧に死ぬ日を予告し、その時に迎えに行くことを約する。
始まりの野原で笛を吹く稚児の絵は以前に見ている。
今回わたしが見たのは、病死する稚児から後の話。ふっくらゆたかな頬の稚児が臥せっていて、僧が泣いている。尊き観世音菩薩の姿。その光。
細部がなかなか濃やかな絵。
吉祥天女も観世音菩薩も、ひたすらなものへは肉の愛を与える。

病草子 このシリーズは笑えるものがけっこう多いが、ここにあるのは病人の枕元に集結する小さい僧たち。「病起らむ時は、ただ四五寸ばかりある法師の、紙衣(紙でできた着物)着たる、数多(あまた)連立ちて、枕にありと見えけり」
これは別なところの解説では熱からくる幻覚かとあるが、一種の神経症にも思われる。
実はわたしの同僚が、耳元で小さい人々がいっぱい集まってて、夜になったら騒いで困る、と真顔で言うてきたので、非常に怖い日々を過ごしている。

高島屋のポスター、兵庫県美・和歌山近美の常設。
それらはまた別項で挙げる。
ほんと、一言二言だけでしたな。

今回は11/1~11/4が都内にいるので、予定というものがあげられない。
うむ、中途半端なわたし。

というわけで10月の統括終わり。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
サーター・アンダーギー
 いかにも 太りそうだが 絶対食べたいアンダーギー。
 天ぷらの後 必ずお砂糖入れて 揚げてくれてた母
 今は 妹がやってます。
 しっかり いっぱい みてますねえ・・・大和文華館行けんかった。
 鹿バスで パンフレットちぎって 2枚も持ってたのに。
 島根の人口は もう少し多いかな・・・
 5月の段階で 凄い人出だった 今は 想像できないくらい多いかも。
2013/11/01(金) 19:45 | URL | 小紋 #-[ 編集]
ちんすこうも好き
☆小紋さん こんにちは
いやもうほんまに隙間なく遊んでて、平日はこれでも勤め人なんですよ。
休みと言うものが本当にない。
休日で晴れてたら表に出たくて仕方ないですし。
奈良、またおいでください。
大和文華館はいついってもよろしい~~
島根ね…ほんまにアウトでした。
こないだ行った人もえらい人口密度になってたというてましたわ。
2013/11/05(火) 10:13 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア