FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

少し前にみた無鄰庵

今夜も「少し前に見た」ということで京の町から。

無鄰庵である。鄰の字は隣の扁と旁を逆にしたもの。
山県有朋の別邸で植治、小川治兵衛が作庭した空間である。

京都市営地下鉄の蹴上駅からの徒歩が思いのほか近い。
岡崎からも徒歩圏内だがこの日は蹴上から向かった。
近代建築をちらちら見ながら歩く。IMGP1990.jpg

窓から動物園観覧車IMGP1993_20140105224939f8e.jpg

二階から中庭IMGP1991_2014010522494190a.jpg

いらかの波ですなIMGP1994_201401052249390dc.jpg

瓦には桜の文IMGP1992_20140105224940919.jpg

廊下の天井IMGP1995_201401052249374bf.jpg

気持ちよく緑。IMGP1996_20140105225040119.jpg

洋館を見下ろすIMGP1997_20140105225039d77.jpg

窓からも緑の風景IMGP1999_20140105225037c05.jpg

風景いくつか。
IMGP2000_20140107220904f4e.jpg
ああ、植治。IMGP1998_20140105225038b3a.jpg

IMGP2001_20140107220906003.jpg

なんかもうシアワセ♪IMGP2005.jpg

日本家屋はいい。IMGP2002_2014010722090876f.jpg

扁額。IMGP2004.jpg

昔の資料IMGP2003.jpg

洋館へ。
階段IMGP2006.jpg

親柱がまたよろしい。IMGP2009_20140107220947fb8.jpg

シンプルでも華やか。IMGP2007_20140107221000be1.jpg

土蔵造りIMGP2008.jpg

たいへん暗いので色々ここで細工しましたが、なかなかむつかしい。
床模様IMGP2014_2014010722203374d.jpg

天井IMGP2010.jpg

折上格天井。竹遣いIMGP2017_20140107222111e31.jpg

照明IMGP2011_20140107222037675.jpg

IMGP2013_20140107222040bd6.jpg

IMGP2019_20140107222106a06.jpg

本当によく見えない。
壁画いろいろ
IMGP2012_20140107222038a5c.jpg

IMGP2015_20140107222108ec1.jpg

IMGP2016_20140107222109649.jpg

IMGP2018_20140107222112647.jpg

IMGP2024_20140107222655e7f.jpg

IMGP2020_201401072226567f7.jpg

IMGP2021_201401072226587c9.jpg

IMGP2023_201401072227036c8.jpg

家具もレトロIMGP2022_20140107222700fdc.jpg

IMGP2025.jpg

明るいところへ。
IMGP2027.jpg

アーチがいとしい。IMGP2029.jpg

瓦屋根と緑の喜び。IMGP2028.jpg

和の美IMGP2030_20140107222724598.jpg

ここにも装飾IMGP2031_201401072232581a3.jpg

見えないところもIMGP2032_20140107223259f46.jpg

窓に映る木。素敵。IMGP2033.jpg

お倉IMGP2034_20140107223303101.jpg

長~~いおつきあい!は「京都銀行」のキャッチコピーだけど・・・
IMGP2035_20140107223255804.jpg


蹴上には他にこんなものも。IMGP2036.jpg

これまた少し前だけど、いい気持ちであげました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
こんばんは。
無鄰庵、去年友人と京都へ行ったときに行きました。
小雨の降る中だったのですが、雨露にぬれた草むらや水のせせらぎにより情緒を感じて魅力的な空間でした。
洋館も重厚で歴史を感じる場所だったのですが、8月だったので室内が非常に蒸し暑く、ゆっくり見ることができなかったのが残念です。
2014/01/15(水) 19:53 | URL | 千露 #GyvMcuCk[ 編集]
Re: No title
☆千露さん こんばんは

風情あるよいところですよね。
しかし確かに真夏の京都・大阪は冷房なしでは耐えきれない。
またいつか季節の良い頃においでください。
そのときにはお茶でもご一緒したいです。
2014/01/16(木) 16:51 | URL | 遊行 七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア