FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

東京で見た木島櫻谷展

既に京都の本館で見た木島櫻谷展だが、東京でしか見れない作品もあるし、京都で展示かえで見れなかった分もあるしで、喜んで六本木一丁目に見に出かけた。
以下、簡単に感想をかく。

和楽 明治42年 農家の庭先。右端にはキジネコ、左でみんなわいわい。犬もいる。和やかなムード。

行路難 大正11年 社会的リアリズムを目指したか、右には風に揺れる柳、左にはしおれたコスモスと夜逃げらしき一家と。生きてゆくのが難しい時代になりつつあった人々。

雪中梅花 大正七年 とても綺麗。これはしっとりとおちつく。

震威八荒図 大正五年 鷲ががおーっと吼える。時代かな。

秋草図 やさしくていい。

本当にほっとする。この展覧会をきっかけに皆さんが櫻谷をどんどん応援するようになれば、と願っている。
2/16まで。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア