FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

2月の東京ハイカイ録 その2


二日目。やはりの大雪になる。まだ積もりきる前に出掛ける。吹雪くのは仕方ない。
東博ではエレベーター工事で本館から平成館に行けない。
先に本館から見て、人間国宝、クリーブランドを見て回る。雪の日に雪の浮世絵。ちょっとお江戸なコメントつけてツイッターに。

また細かいことは後日書くけど、工芸の素晴らしさには深い感銘を覚えたなあ。
 
ヨチヨチ歩いて上野坂下に着いたが、滑りますわ~とりあえずじゅらくの横のうどん屋に上がり、揚げ餅おろし食べてから京橋に。

吹き荒れ雪に負けそうになりながらフィルムセンターに着いた。
昔のアニメーションの上映があるのだ。
政岡憲三「くもとちゅうりっぷ」、大藤信郎「くじら」「幽霊船」を見る。
「くもとちゅうりっぷ」は2度目かな、実写とアニメーションとがミュージカル形式で織り成す物語に入り込む。
また大藤の二本は近年に再現された作品で、デジタル処理され、発表当時の豊かな彩色を取り戻した。
物語の展開は大人向け。
後に世に出る手塚治虫の作品や東映動画のそれとは全く違い、むしろ前衛的な芸術性を感じる。

雪、ますますヤバイ。
根津美術館はあきらめて、六本木駅に向かう。なんしか駅からの道が怖い。
しかし六本木駅からヒルズまでの道はいいが、そこから美術館までがとんでもない吹雪でしたがな。参ったなあ…

ラファエル前派展、好きなものが多いので喜ぶ。前日の唯美主義の展の方が知らない作品多く、その意味では興奮が足りないが、これはこれでいいのだ。
箱も三菱が有利だから、仕方ない。

一方、意外なことにウォーホル展にわたしは時間がかかった!
まさかこんなに楽しむとは思わなかった。いや~意外。

そこからまたヒルズ道を歩いて駅に戻り、一日券を持つが故にホームを歩いてミッドタウンに。

サントリー美術館の伊万里展、中之島の東洋陶磁美術館の所蔵品が大量に出ていてガーンッおいおい~!Σ( ̄□ ̄;)
本家で見せてないのを、遠い地でどや顔して見せびらかして、という感じやん。ちょっと泣ける。
2年前かな、柴田夫妻コレクションを見た時のショック、あんなのを予想してたから別なショック来たなあ。
でも!これを機に、隠匿、いや、死蔵、出し惜しみ、せんと、たんと見せびらかして下されや♪

駅まで行くと、日比谷線アウトに。振替輸送で大江戸線を乗り着いたが、わたしにはこの方が良かったので、ラッキー。

二日目終わり。


さて最後三日目の今日。
雪が怖いからとホテルの送迎なし。荷を置いて先に江戸博に。
雪かきがされて、とても歩きやすかった。ありがとうございます。

大浮世絵展。
素晴らしい!面白く眺めたわ。二時間はかかるね。

館内でうどん食べてから常設に入る。
丁度四谷怪談の時間。

さてタイムアウトになりました。
宿に戻り、道はやはりアカンなと確認してから、キャスターは送りにかけ、分けてたのを持ち帰る。

予定より実は四時間半も早くに変更した。浜松市まで来たら晴れ晴れしてたね。そして岐阜から滋賀にはまだ雪が残る。4時半には新大阪。早いから久しぶりに電車で帰ろう。

2月の東京ハイカイはこれで終わり。



関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア