FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

I M A R I 伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器


今日は人間国宝展感想をスキップして、サントリー美術館の「IMARI 伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」展の感想を軽くあげたい。

てっきり帰国ものを集めたか、サントリー所蔵品に国内のを足したか、または九州陶磁器の柴田夫妻コレクションのを持って来たかと思いきや、なんとショックなことに、8割くらいが中之島の東洋陶磁美術館の初公開品で占められていた!

わたしも大概ここにはよく通うているはずだが、本当に知らんかった。
こんなコレクションがあるなんて。
見た嬉しさよりショックな方が大きいわ。
 
東インド会社を通じて西洋に渡った磁器は多くの宮殿を飾ったが、使われ方は本国日本とは随分違い、建築装飾に使われている。
日本だと違い棚や床の間にええなというようなものは、大概単品設置だが、ヨーロッパは隙間恐怖症だがらか、凄まじく大量に設置し、埋め尽くす。
「間」というものを完全に拒絶して、四季の約束事も無視して、延々埋め尽くす。
面白い造形化がなされはしても、個々を愛でるということはしにくい。

サントリー美術館は、西洋を魅了した伊万里を個々で楽しませる。
個々を見ることで、わたしたちは「あれがいい」「これが好き」と個別の愛情を感じることが出来るようになる。

作品は年代ごとに配置され、分かりやすい説明もある。
わたしは特に気に入ったものを少しだけあげる。
ここに来れば、「あなた」も自分の好きな作品がみつかるだろう。

染付蝶文鉢 縁に花が咲き、見込みに蝶がいる。蝶は無限に咲く花を見上げる。

染付芙蓉手牡丹文大皿 花の隙間にバッタがいた。どこか中国風。

色絵花卉人物文窓抜瓶 真ん中に窪みを作り、そこに小さな人をおく。和やかな様子。

色絵龍虎文大壺 摘まみに鷲が。虎、可愛すぎる。龍より鷲に吠える。ニャーッ!

色絵美人文鉢 室内にいる、見返り美人。猫もいる。カムロも簾から顔を出し、極めて絵画的な様子。

色絵裸体人物花卉文大皿 もぉ何して んのかわかんないw

色絵傘美人文大壺 傘持って舞う女。姿の良さがいい。

色絵蟹文皿 白菜と蟹、鍋の具材やなw
蟹はがま口財布みたい。可愛いわ。

アウグスト二世の死と東インド会社の没落により、18世紀までで終わった輸出。
今こうして体系化されたものを見ることが出来、やはり良かったと思う。

東洋陶磁美術館の巡回もあるそうだ。
またじっくり見て、今度はお話も聞きたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア