FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

出光美術館で見たやきもの

出光美術館は展覧会において、柱となる展示が絵画とすれば、そのブレイクタイムまたは名わき役というポジションにやきものをおくことが多いと思う。
むろんやきものが展示の柱となることも少なくはなく、先般の板谷波山展では当然ながら波山のやきものが展示室全体をうめ、場内を潤わしていた。
やきもの専門の美術館といえば大阪では東洋陶磁美術館、都内では戸栗美術館が著名だが、出光コレクションのやきもののレベルの高さは日本有数のものだ。

今回の展覧会は「日本絵画の魅惑」で前後期に分かれて鎌倉時代から江戸時代までの様々な作品を見せてくれるものだが、そこここに、いい配置にやきものが展示され、観客の目と心を楽しませてくれる。

ちょっとした切り替えというものはとても大事だ。
絵画と工芸とをこうして共に愉しませてくれる美術館は実は多くはない。
大きなミュージアムの場合、きちんと領分を割り切り、これはここ、それはここというように分割され、専門化されている。
それはそれでいい。そうする意義というものも確かにあるからだ。
しかし絵画と工芸が共存することで生み出される「和み」の価値というものはそこにはない。
出光美術館がいい空間であり続けるのは、その「和み」が生き続けているからだと思う。

今回展示されているやきものたちを見てゆこう。
色絵立姿美人像 柿右衛門様式の美人立像。優美な打掛をまとい、ふくよかな微笑みを浮かべる。白磁の膚に柔らかくきらめく黒髪や豊かな文様の衣裳。
少しばかり歌舞伎役者の愛之助丈に似ている。
多くの美人像が作られたのは釉薬の艶めかしさと基礎の土の美しさとが合致することを知っていたからだろう。いつもそう思う。

色絵柴束花散文皿 古伊万里 これはまたとても可愛い絵柄である。束ねられた柴がぴょんぴょんと点在する。何と可愛いことか。 お箸でつまみたくなる。

色絵山水文猪口 十客 古伊万里  ミルクピッチャーサイズの可愛さ。小さくとも文様はきっちり。ドールハウスに使えそうな感じ。可愛いなあ。

色絵七福神図酒器 古伊万里 これは七福神が飛び出す絵本的状況になっている。吉祥文様で福々しい。海外向けだと思う。

色絵呉須赤絵写花鳥文台鉢 奥田穎川 明るい感じでいいなあ。穎川のやきものは明るくて好きだ。先般、建仁寺展でかねてから執心していた十二支皿の画像が手に入って喜んでいたが、これも愛らしい。

色絵桜花文鶴首徳利 一対 古清水 いかにも古清水な感じがよろしい。

色絵菊花文六角鉢 古清水 豊かな表現。七宝繋に雷文も入り、華やか。

古九谷のいいのも色々。なじみ深いものもあり、そして古九谷の本当の魅力というものを考える。

色絵阿蘭陀写花卉文角皿 五客 尾形乾山 釉薬を塗り重ねたのか、藍が濃く集まっている。そのくせはみ出さない。青の花。

絵唐津葦文大皿 シックな色合い。こういうのの良さが少しずつ分かってきた気がする。
黄瀬戸茶碗 銘 春霞 美濃窯 ああ、ええ色ですなあ。

志野橋文茶碗 美濃窯 これをみると三井の卯花墻を思い出す。きっと従姉妹くらいの近さだろうとかなんとか。

上野三彩茶碗 ウエノでもコウズケでもなくアガノ。九州のアガノ焼。螺鈿を鏤めたようにみえる、綺麗な表面。

絵画の感想より一足先にちょっとだけ挙げてみた。6/8まで。
関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア