FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

日本洋画の展開

平野町の至峰堂から誘いの葉書が来ていた。丁度、川口教会に撮影に行くので、足を向けた。以前この画廊で須田剋太の小品〈滝〉を見て、そのセルリアンブルーにときめいたが、以来きれいなはがきが私を誘うようになった。
今日は洋画家の珍品という。葉書には長谷川4兄弟の次男燐二郎の黄色な背景に白い瓶に差された枝が選ばれていた。中に入ると珍品かどうか、その画家らしい作品が多く、親しみやすく眺めた。
林重義は舞妓を、鹿子木は林を、林倭衛は椿を描いている。なんとなく安心だ。古賀春江の林が気に入った。珍品というかはわからぬが、静かな絵である。病院か学校の裏のような。国枝金三は海の岩を、宮本三郎は美誕らしき裸婦を。
私はこれら静かな絵を見て回ることで、ここが御堂筋に面した場であることを忘れてしまう。嬉しい静謐。しかしながら私は雑踏もまた愛している。一足踏み出せば、都会の中。これほど快い空間はない。幸せな気持で私は画廊を出た。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア