FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

生誕130年 竹久夢二 ベル・エポックを生きた夢二とロートレック

高島屋京都店で「生誕130年 竹久夢二 ベル・エポックを生きた夢二とロートレック」展を見た。
イメージ (9)

岡山の夢二郷土美術館所蔵の夢二作品と国内の美術館から来た洋画で構成されている。
夢二 1884-1934、ロートレック 1864-1901
20年の年の差はあるが、当時の日本とパリの「時差」を考えると、それぞれが立場も等しく「ベル・エポック」を体現する画家だ、と言えた。

展覧会の狙いもそこにある。
「夢二の姿は、19世紀末のパリで活躍した画家ロートレックに重なります。ともに画壇に属さず、版画やポスターを独立したジャンルにまで高めた二人は、時代の先端を読みとる感性を持っていました。本展では二人に共通するロマンチシズムに着目し、対比しながら夢二の芸術と生涯をご紹介します。」
確かにどちらも商業芸術の雄であり、今も愛され続けている。展覧会が開催されれば必ず多くの観客が喜んで出かけ、楽しい気持ちで帰る。
わたしもいそいそと京都に見に行っている。

明治末から活躍し始めている夢二の雑誌口絵などから始まる。このあたりは弥生美術館でもなじみがある。
1410013438846.jpg

月の出 草の中に倒れる(眠る)少女もしくは人形の図。これを最初に岡山で見たときは静かなショックがあった。
今は星の国に行ってしまったlapisさんがこの絵をとても気に入ってくださったことを忘れない。
cam307.jpg

明治末の「みづゑ」、大下藤次郎の風景画。これもほのぼのしている。

青木繁 竪琴を弾く女 円の中に水彩で描かれた女の顔。
これも好きな絵。

夢二の油彩が続く。一枚絵の女たち。ねっとりと笑う。

芝居「春」のための絵もある。富士山と草ソテツを背景にした舞台絵。少年少女がいる。
これは別なシーンを弥生で見ている。

また、同時代の川端龍子、渡辺与平の雑誌表紙もある。
「日本少年」の表紙絵や口絵は龍子、「少女の友」は与平。どちらも可愛らしく叙情的。

岡田三郎助「日本橋高島屋」も史料館から来ていた。
この時代の文化の豊かさを感じる。

夢二の水彩の軸がある。
りんご 少女とリンゴのなる木
加茂川 後ろ姿の舞妓。
秋の憩い 銀杏舞い散る中、ベンチに座る女。手にはパラソル、傍らには信玄袋。
1410013452986.jpg

あきつ トンボを示すアキツと娘
満願の日 「め」の絵馬などが飾られた境内に佇む娘。
この絵も見ている。娘が何を心願していたのかはわからない。
これが若妻なら太宰治の小説になる。

仲良しの恩地幸四郎のシュールな連作版画、野長瀬晩花とのコラボ絵巻などもある。

田中恭吉の版画もある。去勢者などと題材がキワなのはこの時代の特徴の一つか。

夢二が表紙絵を版画でこしらえた雑誌「櫻さく国」が数冊並ぶ。中に埴輪の顔のアップもあった。

童画も少なくない。
子守唄 お姉さんの歌声を聞きながら夢の世界へ入り込む坊や。南島の土人となり犬といる情景、飛ぶかもめ、千鳥たち・・・

有島生馬 白いブラウス  女の顔。肘を挙げている。
しっかりした構図。
生馬は夢二の作品を高く買っていたという。
嬉しい味方も中央画壇にはいたのだ。

夢二の屏風がある。1929年の「大徳寺」。時雨の中に座る女。
ちょうど今日12系統にのっていたので、大徳寺にもさらりとゆけたのか。

女たちの「子とろ」遊び。
大石内蔵助の遊蕩を描いた「一力」屏風も来ている。
cam306.jpg


比較先がパリで活躍した画家たちに移る。

ヴァロットン 信頼  この木版画は大好きで以前からよく見ていた。長いすに座る、黒ドレスにレースの襟がついたのを着る女と、その膝に取りすがる男と。
そういえばこの作品は三菱一号館のヴァロットン展にはなかった気がする。

ロートレックの有名なポスターが並ぶ。
ブリアン、ロイ・フラー、メイ・ベルフォール、それからムーラン・ルージュ関連などなど。
これらはサントリーポスターコレクション。元のグランヴィレコレクション。今は大阪新美術館建設準備室に寄託中。
1410013400939.jpg

スタンラン シャ・ノワール 黒猫のどや顔がいいポスター。これも大好き。

再び夢二。

青春 明治末から大正のボヘミアンな男と女給が一つのテーブルにいる図
やや怪しげな職業の女たちの待機する絵もある。

芝居「埋もれた春」の1シーンがある。蔵の前を泣きながら歩く女の図。これは弥生にも別なシーンがあるが、いつかまとめて見てみたい。

セノオ楽譜の原画と完成品がいくつか。「歌の翼」「君よ知るや南の国 ミニヨンの歌」などなど。
タイトルを見るだけでも何かしら旧い時代への愛情が湧きだしてくる。
1410013372499.jpg

港屋の店先が再現されていた。
千代紙や半襟などがある。

芝居絵も並ぶ。
「お祭り佐七」「沼津の平作」「お夏狂乱」「時雨の炬燵」などなど。
cam307-1.jpg

当時人気の「田圃の太夫」と呼ばれた沢村源之助を描いたものもある。
「源之助の蝮のお由」である。毒婦ものが得意の源之助の退廃的な魅力がよく捉えられていた。
網格子の着物の袖からのぞく刺青もいい。

駕籠に乗る久松のたよりない細い首、夢見がちな長いまつげ。このまま色子屋に売り飛ばしてやりたくなる。

みちゆき 夜、裾のはだけた裸足の男女がふらふらと行く。もうこの世の喜びを尽くした後なので、本当に死んでしまおうか、といった風情。

夢二の本の装丁は多く見ているが、案外口絵や挿し絵は見ていない。
入江新八「凝視」のカラー口絵とキャラ表がある。
レンブラント、ダ・ヴィンチ、モネ、ミラー、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン・・・
こんなの初めて見た。

今話題の柳原白蓮のためにも多くの仕事をしている。
彼女の戯曲「指蔓外道」のために「幻の地獄」を描いているが、これなどは完全に初見。青銅色の肌をした髪の長い男とも女とも言えないような、青い長衣を着た人物が、まるで背後の木に磔されたように立つ。その左右にしなびた婆さんと笑うおんなとがいる。
表現主義的な絵なども見ているが、このようなややグロテスクな魅力の絵は初めて見た。
全体に小アジア風な雰囲気の中で、小さく合掌する人、光る聖母なども描かれている。

話の内容を知りたいし、もっと絵があるなら見たいと思った。

夢二のおしゃれな絵も多い。
「婦人グラフ」の仕事などがそれ。
憩い<女>と<男>がいい。女はブドウ棚の下のテーブルでくつろぎ、男は土手でくつろぐ。蝶々がふわりと飛んでいる。
イメージ (10)

夢二の新発見絵もある。
ハワイにあったもの。名作「宵待草」をモチーフにしたもの。耳隠しの女がテーブルに肘をつき、物思いに耽っている。
1410013422533.jpg

いいものを見た。
9/8まで。その後の巡回もある。 
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア