FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

正木孝之コレクション 第一部「請来絵画と古陶」

正木美術館の「正木孝之コレクション 特別展」第一部「請来絵画と古陶」を見に行った。

正木美術館の歴史についても紹介コーナーがあり、今回初めて知ったことも少なくない。
本来は中之島で美術館を開設したかったこと、近代日本画コレクションからスタートして、途中で東洋美術に目覚めたことなどである。
また多くの優品を集めてただ鑑賞・鍾愛するだけでなく、研究も熱心に行った。
その成果とも言うべきノートも展示されており、真面目で丁寧な仕事ぶりが見えた。

果蓏秋虫図 伝銭選 明 この作品との出会いが正木を東洋の古美術へ向かわせたそうだ。から・しゅうちゅう・ず。らは草冠に瓜二つ並び。
瓜のところにキリギリスなどの秋の虫がいてる図。快い静けさがある。

閩王参雪峰図 伝因陀羅/楚石梵琦賛 元 こんにちはー来ましたよ、おお、ようお越し。な図。

五祖弘忍図 清拙正澄賛 鎌倉時代 なんか貧乏くさいな、と思ったら逸話もそうで、しかもちょっと気持ち悪い。達磨大師から数えて五代目のヒトか。
奇瑞というよりきしょいな、ずいぶんもという感じ。

六祖慧能図(重要文化財) 無学祖元賛 鎌倉時代  この絵の人が正木美術館の顔役の一人。今風なバンダナで髪まとめてるのは僧ではなく行者ということで。
そう言えば唐の時代が舞台の西遊記でも悟空は「孫行者」とも呼ばれていたが、あれは髪型のため。宋末の「水滸伝」でも武松が行者武松なのもやっぱりそう。

白地黒掻落牡丹唐草文壺 宋 以前から好きな壺。牡丹が可愛らしく浮き出ている。

藍彩獅子と人物 唐 獅子または虎、あるいは豹などと人が一緒にいる像は世界各国で見受けられる。
泉屋博古館の青銅器、イランの置物(今は行方不明)などなど。そしてこの三つの共通する特徴は「獅子(あるいは虎)に噛まれる・噛まれそうな人物」という構図なのだった。
この獅子の像も人の背後に藍色の獅子が立ち上がって口を開けているから、こわいこわい。

緑釉白地刻花蝶鳥文枕 金 顔を上げる緑色の鳩のような鳥が可愛い。くいっと顔を90度くらいで上げている。

墨梅図 王冕 元 前に墨梅図ばかりの展覧会が開催されたときもこの梅が鮮やかな姿を見せていた。

二枚の達磨大師図が並ぶ。元のものと鎌倉の蘭渓道隆のものと。どちらも面壁中。
今回解説を読んでびっくりした。達磨って毒殺されてたのか。それで芦葉乗りの話とかあるのか。しかも尸解したとかどうの。
あんまり達磨に関心がないので知らなかったよ。
89年の映画「達磨は何故東へ行ったのか」を思い出す。

雨意図 方従義自画賛/天章澄 賛 元 絵も面白いが解説がまた興味深い。さすが正木。いつも正木は味わい深い解説がある。

十王図 陸信忠 元 ところどころ剥落しているが、罪人たちのナマナマしい様子がいい。
子供がいるのは情状酌量ではなく、逆に被害証言をするために来ているのだった。
子ども、普段は賽の河原で石積んでるけど。

今回もたいへん面白く眺めた。
次回も期待わくわくである。
関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア