FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

印刷の歴史

凸版印刷が開いている印刷記念館に行く。今回うらわ美術館にも行くが、その前哨戦かもしれない。
久しぶりに来たが、会社博物館とはいえ立派なものだ。がんばって存続してほしい。今回は民間信仰の絵と広告がメインだ。 幕末頃までやたらめったら出た鯰絵、ほうそう絵、ハシカ絵。浮世絵師のセンスと民間の需めがこんな面白い絵を産み出したのだ。とは言え書く方も買う方も案外本気なのだ。現代とは違い、予防も忌避も一層難しいものだったのだから。
ポスターはサヴィニャックやシェレなどがあり楽しいが、日本は観光案内図など、言えば卓上のものによい作品が多かった。吉田初三郎のかどうかはわからないが、きれいだ。
引き札、昔の広告チラシ。画面操作でジブンオリジナルを作り出せる。伊勢の二見が浦に兎のレガッタ、ぼたん美人の組み合わせを作る。なんとなく楽しい。時間によっては活版体験も出来るそうだ。私は機会がないが一度くらいやりたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
お知らせ
こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
昔の広告もとりあげはじめました。
よかったら、寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2006/12/22(金) 21:26 | URL | kemukemu #-[ 編集]
kemukemuさん こんにちは
近日中に看板ミュージアム見聞記をupしますので、そのときtbでも、と考えております。
2006/12/23(土) 17:50 | URL | 遊行七恵 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア