FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

主に映画音楽など

まだCDのない頃にわたしはしばしばテープで好きな音楽ばかりの個人的アンソロジーをよく作っていた。
その中でも好き過ぎて、もう聞くことの出来ないテープがある。
これをなんとかもう一度聞きたい。ダビングで作成しているから、時間をかければマスターテープから呼び出すことも出来るが、それをなんとかCDに落としたい。テープをCDに転送したいのだ。デジタル化することが保存になることを信じて。

曲目を並べる。書くだけでもときめく。

島の女  イルカに乗った少年
大砂塵   ジャニーギター
禁じられた恋の島
柔らかい肌
さらば愛しき女よ
渦潮
フォローミー
アデルの恋の物語
嵐ケ丘
風の谷のナウシカ
ベニスの旅
愛の嵐   もしも望むが叶うなら
我が心のジェニファー
Je’Taime
ヘアー   アクエリアス
JESUSCRIST SUPERSTAR  彼らの心は天国に
             私はイエスがわからない
TOMMY  トミー聞こえるかい
        I’m Free
死刑台のエレベーター   勝利への讃歌
MASH   もしもあの世へ行けたなら
追想   アナスタシア
いそしぎ
バラの刺青
アラビアのロレンス


作品そのものよりこれらの曲の方が好きだというものも多い。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
not subject
映画における音楽の存在は画像と同じ位に大切ですね。フラッシュゴードンは音楽のみ良い?Uボート、ファイヤーフォックス、ゾンビ等、好きな音楽は沢山あります。地味に角川映画の主題歌も好きでした。蘇る金狼、幻魔大戦、戦国自衛隊、汚れた英雄、カムイの剣と枚挙に暇が無いですね。ローズマリー・バトラー、町田義人、ジョー山中。
 西部劇編、恋愛映画編、ミュージカル編、スペクタクル編とそれぞれだけで何本も記事に出来そうな…。
 ブレードランナー、バットマン(ティムバートンのゴッサムシティですよね?)、未来世紀ブラジル、ブラックレイン(大阪!キリンプラザ!)これらの世界観は最高です。
2006/01/29(日) 00:24 | URL | xwing #lW1SJDGw[ 編集]
角川映画の音楽
限定しました。
わたしは大体横溝正史シリーズにのめってたので、そこからですね。東宝ではなく東映でしたが、『悪魔が来たりて笛を吹く』のフルートなんか最高でしたよ。
『人間の証明』のジョー山中の歌は今でも何かの折には耳に甦りますね。『光の天使』years to come・・・♪アカペラで歌えるぞ~~~
Sun goes down♪ 口移しにメルヘンください♪ 動く標的狙いをつけて♪ 風になりたぁいルルル~~♪ せめて夜が来る前はお前の涙を♪ Burning Heart♪・・・・・・

泣けますね。
2006/01/29(日) 10:58 | URL | 遊行 #-[ 編集]
死刑台のエレベーターのテーマが・・・
思わず「死刑台のエレベーター」をかけてしまいました。あのテーマが響き渡る!
CDですよ。1957年12月4日パリで録音。テイクとオリジナルサウンド・トラックが収録されているカバーのジャンヌモローがすごい美人であることに驚く。ライナーに書かれているレコーディングの様子に興味をそそられ、僕がやり取りしているJAZZ論考家TAROさんの最新のマイルス論と重ね合わせて考えたりしてます。
他にも僕の心に残っている映画音楽が、遊行さんのリストに沢山あります。
デジタルと保存、機械が変わらなければ極めて有効な保存の手法でしょうね。
2006/01/29(日) 15:01 | URL | penkou #-[ 編集]
ルイ・マル
penkou師の心に残る映画音楽はやはり’50~’60年代でしょうか。うちの親と聴く音楽がよく似てはるようですので。
うちは父がコルトレーン、マイルスのファンで、母はラテンなのですよ。ミルバとかね。あとアメリカの方ではプレスリーか。

わたしは’80年代にやたらめったら映画音楽を集めまして、テープ保存なので苦しいところです。100巻近くあります。
’30年代のフランス映画はモーリス・ジョーベールが多いけれど、トリュフォーがそれをうまく再使用してました。
イギリスではモーリス・ジャールが色んな曲を作ってましたね。
特にデビッド・リーンと組んで。

ルイ・マル。
ルイ・マルはジャズを巧い所でかけてましたね。
わたし、死刑台のエレベーターOPのジャンヌ・モローのUP好きです。モーリス・ロネもオトコマエだったなあ。
母に訊くと、それまでジャズは映画には使われていなかったそうですね。映画とジャズとがドキドキする緊迫感を盛り上げてましたね~。

ルイ・マルとトリュフォーの音楽センスが凄く好きです。
自分の映画にそういう音楽を選るところが素敵だ。

ところで何故ジョニーじゃなくジャニーなんでしょうね。母に言わせると米語だからoをア発音するからだと言うことですが・・・
play the guiter play again my Johney
maybe you are cold but ・・・
2006/01/29(日) 17:39 | URL | 遊行 #-[ 編集]
思い出のテープ
自分だけのベスト番テープ・・・あります! 
プレゼントされた元彼の思い出ベストなどと言う甘酸っぱいものも(笑)
テープからMDに落とすのは、良く娘がやっているような・・・?
やろうと思えば簡単に出来るのではないでしょうか。

皆様のラインナップ、所々しか分からない自分の浅さが悲しいです。
penkouさん、xwingさんの所もお邪魔して参りましたが、大人の世界で
トキメキます。(何だかアヤシゲな感想ですね)
徒に歳だけ重ねた自分ですが、少し背伸びして皆さんのお話を蔭ながら
学ばせて戴きたいと思います。

2006/01/30(月) 10:27 | URL | 山桜 #-[ 編集]
アンソロジー
山桜さんの言われるとおり、自分だけのベスト盤って本当にいいですよね。
わたしは色々なアンソロジーを自分勝手に編集するのが結構好きです。
映画音楽、洋楽、クラシック、邦楽、それから旧邦楽(小唄・清元・新内など)、さらには音楽から離れて、絵葉書をそれぞれテーマごとにファイリングしてタイトルをつけると、自分だけの美術書になります。これがまたとんでもない数で。(苦笑)
それから自分だけのために好きな短編小説をコピーしてたりとか。
・・・・・・オタクだなあ。
2006/01/30(月) 12:56 | URL | 遊行 #-[ 編集]
大人ねえ!
遊行さん、皆様へ
僕は多分皆様のご両親の世代らしい。
とは言いながらいまさら僕が大人に憧れるというと変でしょうが、変だと想いながら本音なんですけど。僕のブログを観て下さった山桜さんに大人といわれるとねえ!
アクエリアスは水瓶座でしたっけ。僕は自分の星座をずっとそう思っていてなんとなく自慢していたのですが、あるときから魚座といわれるようになった。どうも生まれた時間によって変わるのだそうです。どっちつかづは僕らしいと思っています。しかしあのアクエリアスのメロディと合唱(合唱というのは変カナ)はつい口に出てきてしまいますね。
2006/01/30(月) 20:42 | URL | penkou #-[ 編集]
アクエリアス
penkou師はアクエリアスからピスケスになったのですか。
わたしはレオです。
あのフィフス・ディメンションの透き通るような合唱は良かったですよね。
わたしにとってアクエリアスといえば実は『オーロラエクスキューション』と『フリージング・コフィン』ですね。これは多分xwingさんにしか通じないかもしれません。

そういえばpenkou師はシンディ・ローパーを聴かれてましたね。
彼女の歌は高校生の頃よく聴きました。
Time after time も彼女だったかな。
わたしの中学高校時代はデビッド・ボウイーやJAPANなのですよ。ハノイ・ロックスとかJOURNEYもよかったな・・・

2006/01/30(月) 21:11 | URL | 遊行 #-[ 編集]
ライトニング プラズマ!!
私もレオです。
ということで、やっておかなければ済まないようですね。
「ライトニング ボルト!!」
2006/01/30(月) 22:28 | URL | xwing #lW1SJDGw[ 編集]
私はライブラです。
「大人」って、勿論良い意味の方の大人ですから・・・
私から見れば、皆さん大人の雰囲気で憧れてしまいます。
2006/01/31(火) 20:58 | URL | 山桜 #-[ 編集]
ほんまに!
ほんまに!遊行さんとMORO(xwing・・・どうしてこういうネームにしたのでしょうか?ネ)さんのやり取りはまいります。???が多いので。世代の差だけではなさそう。『オーロラエクスキューション』と『フリージング・コフィン』ってなんだろう?
さてっと時々山桜さんのメッセージも拝見させていただきます。
2006/02/01(水) 10:16 | URL | penkou #-[ 編集]
HN
わ、ありがとうございます。宜しくです>penkouさん

HNの由来ってあまり皆さん書かれないので謎めいてますよね。
xwingさんのお名前を最初に拝見した時は、航空関係の方?と
思いましたが、今は見るたびに一体何に「羽交い絞め?」と・・・
ス、スミマセン・・・^^;
2006/02/01(水) 10:32 | URL | 山桜 #-[ 編集]
トシばかり大人で
ははは・・・penkou師や山桜さんのツッコミに答えられるか、xwingさんこと、実はMrボバ・フェット!
(そちらに振って、フリージング・コフィンには答えないワルモノ遊行七恵であった)
わたしのHNは、中学のときからの日記を『遊行日記』とつけていることと(遊びに行った日を記す、の意ですから・・・)最愛の石川淳の小説『六道遊行』と小栗判官伝説からですね。

フリージング・コフィンは某ギリシャの某聖域の天秤宮に欠片がある・・・はずです。→ばかばかばか。

それにしてもわたしはうっかりもので、penkouという文字を最初はpekochanと読んでいたのです。不二家の・・・。すみません、penkou師。おヒゲのオジサマでペコちゃんて可愛いーっなんてほざきながら・・・(告白)そのうちミルキーをお持ちしないといかんな、なんて考えながら。(檀太郎氏はミルキー命の方でしたね)

山桜さんのお名前を見てすぐにわたしはやはり石川淳の小説を想うわけです。
長い間、石川淳の文体から脱却できず、苦しかったことを思い出します。好きで好きで仕方ないばかりに。

支離滅裂ですね、間違いなく。
2006/02/01(水) 12:53 | URL | 遊行 #-[ 編集]
うっ
羽交い絞めですか・・・。私はブラジリアン柔術も青帯なので(日本の第一人者、中井祐樹先生から頂いた青帯)片羽締めなら出来ますが。xwing(エックスウイング)はもう、何年もあちこちで使っている為特に意識せず使っています。出所は以前記事の中で・・・。
2006/02/01(水) 23:56 | URL | xwing #lW1SJDGw[ 編集]
グレーシーですか。

本家本元のブラジルではグラシエーロでしたね。
ヴァーリ・トゥードだ。どきどき。
前田光世から伝播する・・・
2006/02/02(木) 00:08 | URL | 遊行 #-[ 編集]
まだ、こんなに有名になる前、マウイ島まで出掛けて行き、ヒクソンの従兄弟のホムロ・グレーシーに稽古つけてもらったこともありました。なんと10年前の話です。剣道も極真もボクシングも柔術も沢山試合に出ましたが、武道を修める目的は自己の完成と、大切な人を守る。それが出来れば良いのです。
2006/02/02(木) 00:21 | URL | xwing #lW1SJDGw[ 編集]
あっ、スターウォーズの戦闘機!
Cross wing ではなくて エクスウィングなんですね。

はぁ~モヤッとがスッキリスッキリ!
2006/02/02(木) 12:38 | URL | 山桜 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア