美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

細見美術館 琳派のきらめき

京都、難波、日本橋と高島屋を巡回する「細見美術館 琳派のきらめき」展の感想を挙げたい。
三カ所で見たのに会期末のこんな時期にしか挙げられない。情けないわたしにおつきあいください。
イメージ (39)

・琳派誕生 光悦・宗達の美意識

月梅下絵和歌書扇面 光悦・宗達  ツートンカラーの扇面に月と梅と和歌が丁寧にかかれている。斜めに切った金と銀。銀地は酸化していた。ただ、その効果を最初から宗達にしろ光悦にしろ予測していたのかどうか。
この辺りの事を知りたい。
最初から計算してての創作なら、リアルタイムと経年変化と、どちらをより楽しんでほしいと思っていたのだろう。
尤もこうした考えを持つものが現れること、それも折り込み済みかもしれない。

萩薄下絵和歌書扇面 光悦・宗達  こちらは左のごく一部に朱色の固まりをおく。稲藁のような形。この軸は中廻しに菊などが金で表現されている。

忍草下絵和歌巻断簡 光悦・宗達  金銀に上からビロロビロロとした草が垂れ下がっている。
こんな風に彡孑彡孑彡と交互に垂れ下がる。

忍草下絵和歌色紙「郭公」 光悦・宗達  草が乱れ咲く。もあもあしている。杉が羊歯のようだ。和歌の始まりが「郭公」。

茶杓 銘「明け烏」光悦 櫂先が大きい。共筒は無骨な感じ。

伊勢物語図色紙「大淀」 一緒に暮らそうという男にいや、と拒む女。これも前に久保惣での特別展の伊勢絵展で見た。

墨梅図 宗達  薄墨でヒコバエというのか、新しい枝なども面白い構図で描かれている。

双犬図 宗達・無染浄善 ヘッドロックわんこ。白犬vs黒犬。細見コレクションの中でも特に可愛い一点。
いいねえ、可愛い。

四季草花図屏風 「伊年」印  右はさつき、あざみ、牡丹、すみれ、花菖蒲、大根、あじさいなどなど。
左はナス、桔梗、女郎花、薄、菊、楓、水仙などなど。
明るくてよいね。

秋草図屏風 喜多川相説 一曲もの。地味な地にムクゲか芙蓉、萩、烏瓜、などなど。
 
梅に鴬図 光甫  これも構図がいい。ずーっと延びる二本の木。そこにウグイスが。小さくて可愛い。

四季草花桜楓図屏風「伊年」印  左は萩、女郎花、白菊、楓、水仙まで。右は一重の山吹、青いタンポポ、桜、アザミ、つくし、スミレ、葵、なでしこ、牡丹、花菖蒲。 
 
イメージ (40)
  
・花咲く琳派 光琳・乾山と上方の絵師

宇治橋図団扇 光琳  川には二つの渦が巻く。実際には川で渦巻くのなんて見たことないけど、光琳の絵を見ると「そうか、宇治橋は鳴門みたいな?」と思ったりするのだった。
団扇の外には橋のたもとがあるので、そこに誰かがいるのかもしれない。

柳図香包 光琳  根津では三つばかり見たが、あれでようやく閉じ方・魅せ方がわかったのだ。これはさらりと柳。

唐子図筆筒 乾山  案外大きいなと思った。赤絵で童子が描かれている。
ちょっとばかり仙厓のスタスタ坊主にも似ている。腹かけが可愛い。

牡丹唐草文向付 乾山 白地に赤いのが。どこか外国風にも見える。

秋草図団扇「成乙」印  薄に萩に桔梗が描かれているが、軸の中廻し金泥の濃淡で大きくアゲハがスタンプされている。こういうスタンプ、ほしい。

簾に秋月図 渡辺始興 簾からのぞく秋草達。こんばんはと言いながら桔梗屋薄が顔を出す。空には丸いお月様。

白象図屏風 始興  金砂子が散る中に白象が佇む。草や石もあるその場。ゾウの爪はかなり大きい。目が反り橋みたいになっている。

いよいよ中村芳中登場。
白梅小禽図屏風 これは本当に好きな作品で、鳥の鳴き声まで聞こえてきそう。
ただこの鳥を見ると最近は星新一の「ホシヅル」に見えてくるのが止まらない。

朝顔図 目つきの悪いパンダの眼の周辺に見えて、面白くて…

月に萩鹿図 世間はよく芳中を「ゆるい」というが、この鹿を見たら確かに「ゆるい」。もぉ本当にゆるキャラもいいところである。むろん、可愛い。

初夏山水図 淡彩で岩山と柳。いいものだ。

花卉図画帳 7月の芥子図がいい。ほしくなる。これを袋物にしたい。

イメージ (41)

・新たなる展開 抱一と江戸琳派

朝顔図 宗理  薄墨で描く朝顔。どこか暁の頃に見るような趣がある。

槇に秋草図屏風 抱一 いつもにこにこ桔梗にフジバカマ、萩、白菊がいる。
女郎花も黄菊も一緒。なにやら楽しそうで、秋草合唱隊の一団に見えた。

扇面貼交屏風 抱一  白地の扇に1シーンずつ描く。蒲公英、土筆、菫。黒い鳥はクイナ?、白椿、烏瓜、瓢、立花と老人、河骨、柿、山水、羽根つき、クチナシ、砧…
一枚一枚別仕立てのを集めて貼ったのだろうか。

朴に尾長鳥図 其一  これはまたいつみても好きな絵。朴の花びらの白さが好きだ。

白椿に樂茶碗花鋏図 其一  いいなあ。風流。この黒樂は誰のだろう、とそんなことを思うのも楽しい。

月次花鳥画帖 其一 五月のヒバリが可愛い。なんだか鼻歌でも歌っていそうである。

四季草花流水図屏風 孤邨  左に土筆、菫、蒲公英。水の端に菖蒲。構図がいい。イキイキした花々が明るい気持ちにしてくれる。

酒井道一の花鳥画もたくさん並ぶ。
紫陽花図 大きな花の頭が揺らいでいる。とても愛らしい。

菊花盛果図 線描が魅力的な菊。黄色と赤とで描かれている。桃がおいしそう。

江戸琳派の系譜は昭和まで続いた。
菊に小禽図 酒井唯一  まっすぐに落下する小鳥。ゼロ戦の高等技術の木の葉落としとかいうやつですかね。

鯉にかきつばた図 唯一 これは描き表装がいい。

イメージ (38)

・京琳派ルネサンス
神坂雪佳登場。
細見のおかげで雪佳を好きになった人はとても多いと思う。

金魚玉図 いつみても面白い。描き表装に至るまで神経が行き届いた絵。

椿に菫図 ピンクの椿に群青の菫。色の濃淡がいい。

菊慈童図 可愛い幼童の姿でというのもいいものだ。白菊に囲まれた中でゆったりと過ごす。時間の流れの違いを感じる。

住吉螺鈿蒔絵色紙箱 小さい鷺がいるのを発見して、とても楽しくなる。

よいものをたくさん出してくれた細見に感謝、それらを見せてくれた高島屋に感謝したい。
日本橋では5/11まで。

関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア