FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

目黒雅叙園 百段階段 その1

先般、久しぶりに目黒雅叙園の「百段階段」を堪能してきた。
今回の「和のあかり」展では撮影可能だったので喜んでぱちぱちとスマホで撮ったが、陰翳礼讃にスマホのカメラがついてゆかず、よい色調にはならなかった。
そこで2000年8月に撮影したものを共にあげることにした。
こちらはフィルムを現像したもの。ただしカメラワークはやはりたいしたことないので、残念な感じは強いかもしれないが。
画像に2000年の日付が入るものはすべてその当時撮影したもの。


お手洗いの螺鈿も美人画も物凄いのです。




エレベーターの獅子




階段の天井





窓の装飾

十畝の間。
荒木十畝の日本画と黒漆の螺鈿細工で荘厳された部屋。
螺鈿の装飾の見事さにただただ圧倒される。




イメージ (2)

イメージ (3)

イメージ (4)

イメージ (5)

天井絵ふたつ




螺鈿


















イメージ (23)

イメージ (22)



漁礁の間
やはり15年の経年劣化はあるものの素晴らしく華やかであることに変わりはない。
格天井は菊池華秋「四季草花図」、欄間は尾竹竹坡の五節句。























イメージ (6)

イメージ (7)

イメージ (8)

イメージ (9)

イメージ (11)

イメージ (10)

イメージ (12)

ああ、ドキドキは止まらない。
関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア