美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

プレ・「市川市でみた近代建築」

市川市はいい感じの町だと思う。
適度な活気と適度なさびれとがあり、住宅街はよく、これは確かに住みたい町だと言える。
ひとの感じもよく、ガーデンシティとして手入れもおこたりなく、いい感じの町。

ところで、後日ガーンとなったが、このとき写真が飛んでしまっていた。
ツイッターなどのアプリからの撮影なら残ったが、あとの普通の画像は消失。
無念なのでまたリベンジするが、とりあえず残っていた画像を挙げて、プレ・市川でみた近代建築とする。
わざわざ今作らずともよいかもしれぬが、やっぱり気持ちのいい町でいいものを観たあの嬉しさを、少しでも形に残したいと思うのだ。


郭沫若記念館に行く。
普通の平屋の民家。ガラスの歪みが往時を物語る。











中はもう本当に普通の和室が続く。
そして郭沫若の資料が展示されている。周恩来や井上靖らとの写真もあり、武田泰淳との交流も記されている。

次に木内ギャラリー。
大正の洋館。

たいへん素晴らしく愛らしい。

こちらは本当に気持ちよく撮影を許可してくださっただけに無念の極みだ。
だが、市川市はけっこう近い。しかもここは国府台からも徒歩数分。また何かしら展覧会があれば行けるしね。

それにしても、市川市、いいところだなあ。
前回の市川市文学館以来、市川市への好意が大きくなるばかりなのでした。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア