FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

広告の親玉・岩谷松平 

渋谷のたばこと塩の博物館が好きだ。
渋谷は好きではないが、これと松涛、戸栗美術館があるので出向く。
私はたばこは吸わない。
しかしここの博物館の所蔵品が好きなので、案内が来るたびいそいそと出向く。

母はマイルドライトだかなんだかを吸う。会社の後輩はパーラメント。
味の差なんか知るものか。
しかし、タバコの葉組みを作る職人さんには敬意を払いたい。
なんにせよ、技能の熟練した職工という存在は、稀有なものなのだ。

明治初頭、専売公社がたばこ産業を始める前の話。
薩摩から出てきた岩谷松平が天狗煙草を始めた。ライバルは京都の村井兄弟。
それはそれは熾烈な戦いだったようで、その熾烈さ・過激さ・奇天烈さの一端が、今回の展覧会でよーくわかった。

日本に資本主義を導入したのは、渋沢栄一とかそこらだろうが、民間に競わせるだけ競わせて、高いレベルに到達した時点で、いきなり召し上げる。国家の所有にしてしまう。
銀行にせよ郵船事業にせよ鉄道にせよ、この煙草にせよ。
なんともせこいと言うか詐欺というか、明治の日本国家はだまし討ちが得意だったのか。

大阪には長いこと、頭上に邪魔者がいなかったので、その習慣が残り、いまだにおかみになんぞしてもらおうとは思わない体質が身についている。つまり、おかみに取り上げられない為の工夫(細工)をする。
鉄道だとゲージを変えたりなど・・・それが現在の関西私鉄王国の由来でもある。

煙草の話に戻る。
この博物館に所蔵されている。浮世絵や風俗画を見てもわかるように、17世紀頃から日本人は『キセル』で煙草を吸い始めている。
花川戸の助六は吉原で花魁たちに次々と吸い付けキセルを渡されて、
「キセルの雨が降るようだ」
とのたまう。モテモテ君は煙草をいっぱいもらえたのだ。
その前時代の風俗屏風『松浦屏風』でも遊女たちは長い長い煙管(この場合、漢字で書くほうがらしさが滲む)を手にしたり吸ったり色々。遊楽図ではみんな長い煙管を玩びながら、うじゃじゃけていたのだ。

しかし明治になると煙管で煙草を吸うのも辛気臭くなってきたようで、マッチの普及もあったし、紙巻煙草が求められるようになった。
その時代に現れたのが、岩谷松平と村井吉兵衛なのだ。

岩谷は広告の大切さを知り抜いていた。
自らを『広告の親玉』と称し、大々的な宣伝に打って出た。
真っ赤っ赤っ赤っな服を着て、のぼりに宣伝文句を書き連ねて立てさせた。その凄さは会場に展示されている数々の遺品からもうかがえるが、とにかく凄い。凄いとしか言いようがない。

印刷技術が飛躍的に良くなったこともプラスして、とにかくもうメチャメチャハチャメチャ。しかも大真面目なのだ。
何が凄いと言っても、これが一番凄いことかもしれない。
どうみても爆裂ギャグな行動が、全て真面目さから来ているのが、この明治と言う時代の特性なのかもしれない。


やがて煙草は国家に吸い上げられた。
岩谷松平は渋谷の猿楽町に大勢の家族と共に住み、その地に天狗坂の名を残した。

村井の残したものは建物が多い。
円山公園の長楽館。ロココ調の夢のように素敵な近代建築。
京都駅近くの村井銀行はレストランになり、馬町の工場は見事な煉瓦積みを残している。

たばこ自体はどうなったか。
国家が召し上げて長い間なにしてたが、今では民間会社になり、パッケージの半分大の『あなたの健康を損なう恐れが』と延々と注意書きを書くようにされている。

死ぬまで吸わないが、間接喫煙になっているので、全くの無縁ではない。無煙、と書くべきか。

百年前も今も、けったいでおもろい人間は絶滅することはないだろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
物凄いペースでUPされているので、追いかけるのに必死です(笑)。私も煙草は吸ったことは無いのですが、祖父がキセルで吸っていたため、修学旅行のお土産などでよくプレゼントしました。今日、三岸好太郎美術館と北海道近美に行ってきたのですが「浮世絵美人画の魅力」展の中の美人達も皆キセルを持っておりました。
2006/02/26(日) 18:50 | URL | xwing #lW1SJDGw[ 編集]
あの美術館わたし大好きです。
三岸が好きなので、とてもうれしくなります。

おじいさんがキセルを使われていたというの、シブイですね。うちのは母はキセルの羅宇屋の仕事を見るのが好きだったと言います。

歌麿美人画は笹紅のルージュとキセルがおしゃれでした。時代を感じますねえ。
2006/02/26(日) 21:05 | URL | 遊行 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア