美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

花 Hana 華

藤田美術館の「花 Hana 華」展はタイトル通り華やかな作品の多い内容だった。まずタイポが愛らしいのもいい。
そしてポスターがまた華麗。とてもかっこいい。
イメージ (22)

中蓮華左右藤花楓葉図 光甫 これは好きな三幅対。藤田も藤の花が描かれているので喜んで手に入れたそうな。

吉原通図 鳥文斎栄之 ツウではなくカヨイの図。横長の画面に花見の時期の吉原を描く。行き交う花魁たち。カムロもそれぞれ違いがある。男衆が大提灯を持つ。花魁は立兵庫。華やかな一行。

古染付桜川平水指 明 内側には青と白の桜、外側には波文様。可愛い水指。

日月秋草図屏風 住吉具慶 わたしがみたのは月。白い花々。菊、萩など。紺色の花は桔梗。地から這いあがるような月。金屏風を背景にするらか合わせ味噌色の月だが、それで輝くようである。
とても華やか。

呉須赤絵玉取獅子鉢 明 見込みに獅子が玉を前にする図、その周囲には枠で区切られた花と幾何学文様の交互パターン。花が可愛い。

縹地秋草文様唐織 灰色に退色しているようだが、地の上の秋草は非常に華やかで白桔梗、紺菊、朱色の花などがみっしりと繁茂していた。黄色と紫の花々が多いが、これは「紅無」というもの。

四季草花蒔絵提重 明治 やや赤みを帯びた漆に植物が這い回る。どこか近代的な趣があると思ったら、明治の作品だったか。

唐美人牡丹図 源琦 身体の割に頭がやや大きい。雲鬢花顔と謳われた楊貴妃らしいふわふわの髪。牡丹をみつめる静かな様子。どことなく物憂いのは栄華の中にありつつも自分の身の上はこの花のようなものだと思っているからだろうか。

イメージ (20)

古瀬戸肩衝茶入 銘・在中庵 室町 小堀遠州による銘。仕覆は花柄のものが二つ。

宝船置物 伝・仁清 前田家伝来 凶悪な面構えのキジやんが船になり、帆には松竹梅と鶴。側面には仁清らしい七宝つなぎ。
このリーフレットの表紙は背景に先ほどの月秋草を使っているのがいい。

イメージ (19)

熊川茶碗 銘・白菊 朝鮮 遠州の息子の権十郎の銘。箱書きの文字も権の字で、これがまた味わい深い。
最近は小堀権十郎、蕪村の書き文字にハマッている。
さてこのお茶碗、外側は枇杷色で中の半分は薄いネズミ色。見込の白を「白菊」と見立てた。
箱書きには権十郎の和歌がある。
「いはむすゑ にほふ秋より のちの白菊の花」

刺繍釈迦阿弥陀二尊像掛幅 鎌倉 2top。怖い解説がある。「死者を送り出す釈迦と、極楽浄土で迎える阿弥陀」この世とあの世か。

16羅漢図 16のうち 詫間栄賀 鎌倉 おさるさんが椿をプレゼント。でもそのお花は羅漢のおっちゃんの座るところのすぐ後ろにあるもの。それをプチッと切ってプレゼント。うーむ、やはり猿知恵なんかなあ。でも「何か贈りたい」ていう気持ちはわかるよなあ。
さるだって色々想うだろうし。

玄奘三蔵絵 10巻  帰還したところ。大行列、大群衆。手配していた役人が転んだり。そういう栄光の花道のシーンが出ていた。

黒屈輪唐花文香合、堆朱牡丹文大香合 といった南宋や明の工芸品の手の込んだのが出ていた。
こういうのを見ると木彫り細工の技能の豊かさに唸るばかり。

梅文蒔絵硯箱 室町  前掲の明治の提重と共通する美意識があるのを感じる。
とても面白い。

渡宋天神像 江戸  渡唐ではなく宋。上に元伯の賛入り。宗旦の頃はもう信尹もいないか…

山水蒔絵手箱 銘・鹿苑寺 鎌倉  銘が鹿苑寺なのは金閣とかいうより鹿が大量にいるからとかいうのでかな。
それなら鹿野苑とか春日とか宮島とか…といろんなことを思うのも楽しい。
川が流れ、陸には鹿たち。空には鶴たち。松と楓が生える。

油滴小天目茶碗 金  ピカーーーッメタリック・バイオレットの星がみっちり。満天の星!!そして台も螺鈿でキラキラ煌めく。
遠目からでもピカーッキラキラッ ああ、綺麗。
イメージ (21)
  
大佛開眼会の時に使われたお面の力士面が出ていた。大きい面でした。

ああ、華やかな展覧会だった。
12/6まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア