美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

杉浦非水・翠子 同情(たましい)から生まれた絵画と歌

白根記念渋谷郷土文学博物館で「杉浦非水・翠子」展が開催されている。
副題は「同情から生まれた絵画と歌」だが、「同情」に「たましい」とルビがある。
これはこの夫妻の書簡からの言葉を取ったそうだ。
当時珍しいほどに同等の立場で互いを愛していた夫婦だったそうである。
イメージ (29)

グラフィックアーチストの非水とアララギ系の歌人の翠子とは10歳違いだそうだが、出会ってから結婚まで随分早かったようだ。
2人は渋谷に住まい、それぞれの仕事をした。その仕事の紹介がなされている。

非水の仕事は原画を愛でるものではなく、印刷効果を踏まえて作られたものだけに、印刷媒体の作品や、そのパネル展示などがあった。
わたしはタブロー画家が偉いとか挿絵、グラフィックアート、童画が低いなどは考えたこともない。みんな斉しく絵であり、心に残るものだけがいいものなのだ。
鏑木清方のような仕事ぶり、それが最も理想的だと思っている。

非水の作品は発表時から百年ほど経った今も印象的で魅力がある。
三越、地下鉄、雑誌表紙などを飾る彼の作品を見ていると、いつもどきどきわくわくする。
グラフィックアートはやはりそこがキモだと思う。
見たものの心をドキドキさせる。それが大事だ。

意外と非水の展覧会を見に行ってないので、ここでこれだけたくさん(何しろ非水は多作家だ)見れたのは本当に嬉しい。

演芸画報にも描いていたのか。バレエ・リュスを思わせるようなデザインにときめく。
イメージ (32)2

博文館の仕事も多い。「・・倶楽部」は大日本雄弁会講談社、「・・世界」は博文館。
ただし「文藝倶楽部」は博文館。
昔の雑誌文化を見るのは本当に楽しい。
イメージ (31)
アールヌーヴォー風味からアールデコ、モダニズムまで採り入れ、大衆がときめくいい絵をどんどん世に送り出している。
特に面白いのは大阪で活躍していた頃、アールヌーヴォー風の流線型を大阪では「うどん〉と呼んで親しんでいたという逸話。
今では「うどん県」は香川県だと広められているが、大阪のうどん文化と言うものも古く広い。
讃岐と違い、お汁のダシのしゅんだのが美味しいのだ。麺はやややらかいめでな。
だから「うどん」と呼ばれたのは悪い呼称ではない。
イメージ (32)
非水の作品をこうして見ることが出来ただけでも非常に嬉しい。

非水は40代半ば過ぎに初めて洋行している。こまめな彼は多くの絵葉書を送っている。
昔の人が洋行先から送った絵葉書を見るのは楽しい。
数年前「子規の叔父・加藤拓川が残した絵葉書 明治を生きた外交官の足跡」展を信太山まで見に行ったが、あのときもさまざまな種類の絵葉書を見て、本当に楽しかった。
その時の感想はこちら。
前期 
後期
イメージ (33)

しかしその洋行中に日本では色々とトラブルが起こっていたのだった。
そのトラブルの話から翠子の紹介になる。

歌人としての出発は早い方だが、正直なところその歌の良しあしはわたしにはわからない。
わたしの好きな方向とは違うからだとは思う。
好悪だけでわたしは生きているから、彼女の短歌のどこがよく・どこが悪いのかが判断できない。

その彼女の短歌をめちゃくちゃ強く非難している人がいた。
批評ではなく、批判でもなく非難としか言いようのない、罵倒に近い評がついていた。これはちょっとなあ…
大正時代の短歌結社の鬱陶しいところがよく出ている気がする。
とはいえこの翠子と言う人も痛烈な人で、これはこれでわたしなどは疲れてしまった。
俳人の杉田久女もそうだが、この人もどうもあまりお近づきにはなりたくない。

大正期の女性の歌人の激しさは、こちらも共に焼き焦がされるようで、ニガテだ。
しかし彼女たちの魂の叫びとしての短歌は、やはり応援したい気持ちがあるのだ、たとえ後世からであろうとも。

イメージ (30)

結局翠子は斎藤茂吉の外遊中にアララギから離脱する。
歯に衣を着せぬのはいいことでもあり、よくないことでもある。
彼女は酒席で自分を侮辱した相手をびんたするくらい気性が激しいが、それだけに短慮でもある。
だが、家庭内には一切波風は立たず、あくまでも二人は仲良しのまま生涯を共にしている。

翠子は自分で「短歌至上主義」を主催もしている。ずっと刊行もしていたが戦時中にやむなく終焉を迎えている。
ところで彼女はあの福沢桃介の妹だそうである。びっくりした。
その兄の資金援助で活動していたくせに、実業家の兄を悪く思うところに、結局は世間知らずのわがままさが出ている。
尤もその兄の死の床には足しげく通い、彼のために泣いてもいるから、歳月のうちに彼女も世情と言うものがわかるようになったのではないか。
…どうもわたしも彼女を批判しているか。やめよう。

稀有のなかよし夫婦はコラボ作品を多く残している。
イメージ (34)
彼の絵のジャマにならぬように短歌を配置する彼女。
彼女の詠う短歌を理解して、それにそぐう絵を描く彼。

非水の日本画の美を今回初めて目の当たりにした。

翠子は自宅で死を迎えている。突然死ではなく病死である。入院せぬまま夫の手元で死んでいる。
非水はその五年後に死んでいる。養女を迎えて静かに老衰で死んだ。

入場料は100円、よく出来た図録が1000円。
見逃しては惜しい展覧会であり、図録である。
1/11まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア