美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

伊藤家の別荘・伴華楼 4

伴華楼の部もこれで終わり。

外観再び
IMGP0213_20160104222439bed.jpg

IMGP0212_20160104222437bd7.jpg

中を見てから外を改めて眺めると、色々と納得がゆく。

IMGP0214_201601042238550c6.jpg

IMGP0216_2016010422385858d.jpg

小さな社もある。その塀もいい。
IMGP0215_20160104223858a5d.jpg

お庭を逍遥。
橋へ。
IMGP0217_20160104223900b28.jpg

IMGP0219_20160104223933465.jpg

IMGP0221_2016010422393685d.jpg

IMGP0222_201601042239385a6.jpg

橋からの眺め
IMGP0218_2016010422390149e.jpg

IMGP0223_20160104223939c86.jpg

橋の天井画は龍らしい。
IMGP0220_201601042239359e9.jpg

面白い発見の記事
IMGP0224_2016010422430618d.jpg

橋の全景
IMGP0225_2016010422430749b.jpg

IMGP0227_20160104224310b16.jpg

いい石IMGP0226_201601042243094e1.jpg

IMGP0228_20160104224312200.jpg

茶室へ。
IMGP0229_20160104224330341.jpg

IMGP0230_2016010422433233a.jpg

IMGP0231_2016010422433375e.jpg

IMGP0232_20160104224335fc1.jpg

擬木の橋
IMGP0233_2016010422433663f.jpg

IMGP0235_20160104224741b6f.jpg

八丈島からわざわざ…
IMGP0234_2016010422474066d.jpg

IMGP0236_2016010422474359a.jpg

ここから南の揚輝荘へ向かう。
てくてくと今やマンションの敷地になった細い道をゆく。
手前にあったいとう呉服店の文様入りの。
IMGP0237_201601042247444de.jpg

揚輝荘はまた後日。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア