美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

赤穂市立民俗資料館(旧赤穂塩務局庁舎)

赤穂は塩の国だった。
この建物は明治38年に塩の専売法が施行されたことで設置された。
明治41年の完成である。
採れた塩の管理などに携わる塩務局の建物を、昭和の末ごろに転用した。
イメージ (33) イメージ (34)

















玄関まわり




玄関の真上






扉や窓の意匠。




裏手に。










赤レンガ倉庫、可愛い。










木の倉庫も。


最後に


ペパーミントグリーンの壁が眩しかったなあ・・・
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア