美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

一月の東京ハイカイ録 2

2日目。寒いけどマシですな。
朝の間に八王子へ向かう。下高井戸あたりで雪見つけたので鬱屈する。
さて八王子につきバスに乗って夢美術館で日本のポスター展を大いに楽しむ。
これはもう本当によかった。自分もこの分野が元々好きで色んな資料を集めたり見に行ったりしてるが、本当に良かったなあ。
わくわくしたわ。
終わってしまったけれどまた色々紹介したい。

新宿に戻る。多くの皆さんから早く都内に戻れという言葉を貰い、素直に聞く。
紀伊国屋の地下のうどん屋でカレーうどん。気合が入る。寒い日はこうでなくては。
それで新宿中村屋に入って堀潔や広重から笠松紫浪あたりまでの新宿を描いた作品を楽しむ。こちらもええのよ。わたしはこういう企画大好きだな。
堀の絵は前から見ていたが、ここまでたくさんは初めて。いいものを見たわ。

渋谷に出る。やっぱり地下迷路で迷う迷う。
ブンカムラでラファエル前派展。近年の展示の集大成的な展覧会だと思う。
89年に初めていいのをたくさん見て以来の感動というか、よかったなあ。
ウォーターハウスやレイトンも堪能できた。バーン・ジョーンズ、ロセッティ推しでないのもいい。

乃木坂から国立新。大原美術館の出開帳。これが素晴らしい。
まさかのギリシャやオリエントの遺物から始まる展示で、洋画だけでなく民藝もたくさん来てて、このラインナップは凄いなと思った。
東京でここまで大原の名品を楽しめるのはすごいわ。
倉敷まで行けない人はぜひともここで見るべき。

サントリーへてくてく。疲れて二重瞼が三重瞼になりそう。
「水」はサントリーのメインテーマだよね。
「水のかたち」。男山の石清水八幡宮あたりの写真は対岸の天王山からのだけど、その大山崎にはサントリーの立派な工場がある。関西人には親しい存在。
宇賀神まみれで、これはちょっと逃げたいな。弁天さんがいっぱい。
龍谷ミュージアムに巡回するらしいが、そちらにも行きたい。

時間的にフェルメールとレンブラントはムリやが、そちらは京都で見ているしな。
というわけで森美術館の村上隆の五百羅漢を見に行く。
ガードマンの人が親切にロッカーをお使いくださいと言うてくれはる。助かります、ありがとう。

わたしは村上隆の世評とか本当に知らないし作品ともほぼ無縁なので、シロートとして見に来て、結果的によかったと思う。
可愛い唐獅子、不気味でばっちくて「い…いんへるの」とか言いそうな五百羅漢たちだが、とてもよかった。





楽しく眺めたし気に入った絵は撮影もした。ありがとう。
横浜美術館の展覧会も期待している。

2日目ここまで。

そして3日目の日曜、昨日。
寒いけど快晴。横浜エキナカロッカーにキャリー放り込む。
うまいこと一つだけ空いてた。ラッキー。それで再び東海道線に乗って平塚へ。
寒い寒いというからか電車の暖房がぬくくて平塚手前までずーっと寝てしまっていた。

平塚市美術館へ向かうのにはいろんなルートがあるが、推奨するルートよりも自分にとって一番いいのが今回わかった。
真正面から行く、これだ。
そして郵便局の前の公園をちらちら見つつ、美術館へ。
ほんの数分多いかもしれないが、間違いようがないし、わびしさもない。
これが一番いい。
なんしかこの後に横浜ゴムの記念館も見に行けるし、バス停も近いしね。

平塚市美術館ではサラリーマンコレクターの人々「わの会」の人々が集めた「わたしの所蔵品」たる作品をみる。
これはもう本当に面白かった。絵画・彫像だけだったが、作品そのものの価値もさることながら、それ以上にコレクターの動機・嗜好・状況・人生観などが作品の背後に広がっていて、それがとても興味深かった。
この展覧会が200円だというのは物凄いことだとも思う。
いやもぉ実に面白かった。

横浜ゴム記念館を撮影した後、急いでいたのでバスに乗って駅前へ。まあこの位置からなら乗らなくてもいいんだが、亜脱臼した肩がアウトに近かったしね。

横浜経由で黄金町へ。
さるキリスト教系の中学の校舎が解体されるというので見学を申し込んでいた。
それに行く。在華坊さんをお誘いしての見学。
やたらと坂があるなあ。
色々とご教示を受け、なるほどなるほどと納得するが、例によってあちこちに飛んでゆくわたしの発言にヘキエキされたろう、と後になって反省する。

いや、いい建物を見ました。ありがとう。
1つ面白いのを発見しました。
非情ドア。ツイッターではまちがって非情階段にしたけど、まぁいいや。

駅でざいかさんとおわかれした後、わたしは横浜へ戻りそごうへ。
福井県立美術館の所蔵品を見に来たのだが、又造さんやパンリアルの作家たちの作品、日本芸術院の初期メンバーの作品などを見て歩いた最後に岩佐又兵衛がキターーー!
びっくりしたわ。こういうのはなかなかないわな。
いいラインナップをみたよ。

さて新横浜。そこから新幹線に乗る。
寒い寒いと聞いていたが、新大阪に着いたら本当に寒くてびっくりした。
それにしても東京での刺激はやっぱり大きい。面白かったわ。
その刺激の度が過ぎると早く大阪へ帰りたくなる。関西でのぬるま湯生活は気楽で明るいからね。
とはいえ刺激が足りないのでやっぱり東京へ刺激を…
2016年、今年の東京ハイカイ始めでした。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア