美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

未来へ続く美生活

続いて東京国立近代美術館工芸館で21まで開催中の所蔵品展を撮影させてもらった。

IMGP0368_20160221000647b18.jpg

藤井達吉の屏風。草花図屏風。電気スタンドも藤井。
どの作品を観ても藤井達吉の才能の大きさ・豊かさにときめく。

IMGP0370_201602210006502ec.jpg

禁じ手だけど、逆さにしてみてもやはり素敵。
IMGP0371_20160221001104db6.jpg

秋の机も愛らしい。
IMGP0369_20160221000649d72.jpg

箱の美を堪能する。
そう、昨日は「仏教の箱」、今日は近代の人のためのさまざまな容れもの。

IMGP0372_201602210011068a0.jpg

IMGP0373_20160221001106f93.jpg

キラキラして本当に綺麗。みているこちらの眼も星目玉になる。

ほしいものを集める。
IMGP0377_20160221001124f98.jpg

IMGP0378_201602210011252e2.jpg

IMGP0379_20160221001126b58.jpg

IMGP0380_20160221001128fb9.jpg

硯箱も素敵。
IMGP0376_2016022100112261b.jpg

IMGP0374_201602210011084f0.jpg

憲吉の可愛い水滴
IMGP0375_20160221001109121.jpg

洋風生活へ。
こんな照明器具もいい。
IMGP0383_20160221001748c65.jpg

IMGP0384_201602210017501fa.jpg
少し口当たりは難しいかも。

いい鏡。
IMGP0385_20160221001751379.jpg

IMGP0386_2016022100175322d.jpg
ミナ ペルホネンの近年の仕事が集まっていた。
可愛らしいものばかりで欲しい欲しいとばかり思った。

モダンな和と洋の美生活。
こんな空間で過ごす時間は本当に大切にしたい。

21日まで
なお詳しい作家リストこちら
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア