美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

「おしゃれな名品たち 茶道具の文様・めでたいデザイン」

湯木美術館春季展「おしゃれな名品たち 茶道具の文様・めでたいデザイン」展を楽しんだ。
湯木貞一さんはお料理にそぐう器を丁寧に選ばれたが、それらも茶道具も端正で愛らしいものが多いように思う。
春に向かう、よい心持のする展覧会だった。
イメージ (64)

源氏絵貝桶茶器 八角形で金地に絵が載る。胡粉で盛り上がる雲には七宝繋文。可愛らしさも格別。絵は下絵を土佐光起が担当している。金彩は綺麗やわ、絵は品よく愛らしいわで、見ているだけでいい気持ち。八角形全面を見たいが、触るのが怖いような繊細さ。

色絵丸文茶器 仁清 いかにも仁清な文様が入った茶器。可愛らしさはその形にも。白濁釉に卍崩しの紗綾形文が地にあり、そこに丸文のかたばみがいい感じに並ぶ。

五彩青花龍文四方鉢 明 パネルでこの鉢には若竹煮が。おいしそうだったなあ。
紫色の龍が内外・見込に五匹いました。

古染付山水文芋頭水指 明 柳沢尭山所持 大和郡山の柳沢さん。不昧公とも茶の湯仲間。この水指は虫食いもいい感じに現れているが、やはりいかにもという風情だな。

雲鶴筒茶碗 朝鮮 やや下半分が膨らみを持つ。褐色に窯変。鶴などいろんな文様が象嵌されていた。

絵御本雲鶴文筒茶碗 朝鮮 肌色。内側に味噌汁の残りが見えるような窯変が。

明の古染付、朝鮮の御本、いずれも日本から発注したやきもの。

赤茶碗 槌之絵 左入 200シリーズの1.

黄瀬戸福之字鉢 室町―江戸 益田鈍翁所持 チラシに福々しく油揚手の姿を見せる。
これはいっときここのチケット半券のデザインにも使われていた。

富士山図 渡辺始興 ああ、白抜きの富士山とそこにかかろうとする黒雲と。配置がいい。

イメージ (65)

いい装飾の工芸品がいくつか。
盃七種 抱一下絵 朱地にそれぞれ「ふ」の字のついた絵を描く。「筆」「ふぐ」「富士」「福禄寿」「船」「笛」…
こういうのが洒脱で粋というのだろうな。

他に松竹梅などを描いた時代蒔絵菱形菓子盆、時代草花文蒔絵小乱箱などが並ぶ。

芦屋松竹地紋霰真形釜と仁清の白釉雪月花水指が共にあった。いい取り合わせ。

池大雅 蛭子太神図 まぁみごとにふくよかなえべっさん。福々しく優しそうな。抱える鯛が鯉ぽい口元なのも面白い。

可愛いものが並ぶ。 
乾山の色絵水仙の絵透鉢、今年の干支に合わせての祥瑞猿撮香合、仁清の羽子板香合、綺麗な色の青呉須五彩霊芝魚双龍文鉢、保全の交趾写しの青竹蓋置に瀬戸釉サザエ蓋置などなど。
本当に可愛いて仕方ない。

ほかにも茶室の取り合わせの展示もあり、いいものに気持ち良くなった。

和やかなキモチになる展覧会だった。3/27まで。

関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア