美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

「国芳イズム」を愉しむ 

練馬区美術館は豪儀な展覧会が多いと思う。
あとあとになっても「ああ、よかったなあ、凄かったなー」と思い起こす展覧会が少なくない。
ちょっと挙げてみても大昔の「金鈴社の五人」、「秦テルヲ」、「宮芳平」、「あしたのジョー、の時代」などなど忘れがたい展覧会がすぐ出てくる。
今回の「国芳イズム」も凄い内容だった。
一期、二期しか見てないが、これがもう本当に範囲の広い、厚い内容で、一周しただけで随分な時間が経っていた。
イメージ (24)
最初に「豪儀な」と書いたが、この古い言い回しは幕末の黙阿弥の芝居などによく使われるもので「国芳イズム」展に溺れた身としては、やっぱりこの展覧会は「豪儀な展覧会」なのだった。
しかもこれ、個人の悳俊彦コレクションだけで成立しているというのが素晴らしい。
これまでにも悳俊彦コレクションを何度か見ているが、いつも楽しませてもらってきた。
悳俊彦さん、ありがとうございます。

国芳の武者絵が現れた。
水滸伝の好漢たちがいる。
浪裡白跳張順、入雲龍公孫勝、花和尚魯知深。
一枚絵の好漢たちのほかに集合絵もある。
国芳が最初に大ヒットを挙げたのは文政末のこの「通俗水滸伝」シリーズだが、晩年になってもカッコイイ好漢たちを描いている。
嘉永初期の好漢たちの一枚絵などもゾクゾクする。
若い頃と違い人気絵師になったときに満を持して描いた好漢たちはまさに水も滴るような男振りで、扇情的ですらある。
ああ、いいのを見た。

正札附現金男シリーズも並ぶ。
野晒悟助、唐犬権兵衛、濡髪長五郎、団七九郎兵衛、この四人は見ているが、五尺染五郎は初めて見た。尺八を吹く若い男。これもカッコイイ。

絵本合邦辻 閻魔堂の前で立ち回りのところ。悪の魅力を発揮する鶴谷南北の芝居の世界を、その精神性を力強く表現していると思う。「南無阿弥陀仏」の六文字を書いた着物を着た男が捕り手と闘うのが本当にかっこいい。

八犬伝もある。道節が石を斬ると玉が光る―!そばにいる荘介の腹掛けに荘の字があるのもお茶目。
尤もわたしは「新八犬伝」に変換するので、本当には人形の姿が見えていて、彼らを描いたもの、という感覚があるのだが。

人気の三枚続きもきちんと並ぶ。
讃岐院眷属をして為朝を救う、相馬の古内裏、大江山酒呑童子…
いいよねー

最初にこういうカッコイイ武者絵が来たらそれだけでわたしなんぞはテンション上がる上がる…!
わたしの見たいもの・好きなものを全部描いてるのだからなあ。

戯画もいいのがずらり。
子供遊びシリーズ、荷宝蔵もの、影絵などなど。
ネコだけでないどうぶつたちが動き回るのも楽しくてならない。
雷さん、独楽尽くし、雀、狸、なんでもネタになるなあ。
この発想がよすぎて、江戸の人々も「次は何が出るかな」と楽しみにしていたことだろう。

猫ものはもう今さら何を言うかというほどいいのばかり。
もうほんと、可愛いやら面白いやらで…

いい並べ方なのでますます楽しい。

イメージ (65)

物語を背景に置いた作品も多い。
二十四孝も平家物語も源氏物語も江戸人はみんな知っていた。
何も原本の小難しいのを知らずとも、講釈を聴いたり、黄表紙になったのを読んだり、絵本を見たりで大まかな筋や名場面をきちんと知っていた。
だから国芳の描く「象と働く子ども」=大舜、瀧に打たれたら文覚、下働き風の女が昇天したらお竹大日如来、という風に認識できた。
そうした教養が根底にあることを踏まえて国芳も無尽に描く。

幕末は両国や浅草奥山で見世物興行が頻繁に行われた。
そのビラもよく描いた。
挿絵もそうだし芝居絵もそうだが、とにかく客の心を一目で掴まなくてはならない。
ビラなんか面白くなければ捨てられるだけ。
だからこの辺りの作品の面白さというものは一発勝負に近い。

竹沢藤次の曲独楽、一つ家の鬼婆、生人形などなど…
面白くて仕方ない。

悳俊彦コレクションには肉筆の名品もある。
舌切り雀図では大きな葛籠からオバケがいっぱい出てくるシーン、傘を窄めながら現れる助六、力強い五郎などなど。

珍しいのは残っていた版下絵。誠忠義士肖像の一、小野寺幸右衛門の版下がある。睫毛や前歯に惹かれる。ナマナマシイ筆致。

晩年の「国芳芝居草稿」も好きだ。様々な芝居の登場人物たちが顔ナシで描かれているのだが、それがまたとても面白い。スケッチ風なのだが、動きがイキイキしている。
国貞ほどではないが、国芳も芝居を描いているのだ。

そして国芳の作品の最後には弟子一門らと一緒のし歩く「勇国芳桐対模様」がでている。
シャイな本人は例によって顔を隠しているが、先頭切って歩く後姿の派手な良さ。
弟子たちみんなそれぞれの個性がよく出ていてそこがまたいい。
中には暗―い顔をしたのもいたりいるし。

イメージ (25)

次は弟子たちの絵。
「国芳イズム」を継承した連中の絵である。

近年太田で回顧展の開かれた芳艶の絵から始まる。
芳艶 大江山酒呑退治 大首が宙を舞うド迫力の絵。大抵は頼光をガブッと噛んでる絵だがここではまだ噛まずにグワーッと。
下っ端の鬼たちは必死で助け合いながら逃げようとしている。

芳艶 48くせのうち やり手もやけでにらみ合い しゃれ着したる旦那顔けん たいこもちがおもいつき 吉原で何の遊びをするねんw
「生木偶造り 松本喜三郎」の字があるのが嬉しい。

芳艶 太平記焼山越之図 大蛇に対抗する木の精たち。樫、檜、榎、杉などの精たちの眼が青い。蝙蝠と闘う侍たち。

弟子たちの旧幕時代の絵が並ぶ。
芳虎、芳宗、芳鶴、芳員…
芳幾の無惨絵もある。あるとなんだか心強かったりする、逆に。

面白いのは芳幾のうさぎの大相撲。
木賊もあり、秋の日の余興の大相撲。なかなか筋骨隆々のうさうさ共。
2010年には芳藤のうさぎの「道行」を見たことがある。あれはボローニャからの里帰り展「浮世絵の死角」での話。その感想はこちら。
http://yugyofromhere.blog8.fc2.com/blog-entry-1802.html

芳廉 本朝武勇女夫合 源三位頼政 菖蒲の前 不穏な空の下、まだ若い頼政に共にある菖蒲の前。いつも頼政は若くないヴィジュアルなので、これもいい。

芳女 五節句の内 三節の見立て 新材木町 新乗物町 これは藤間流の人々。女芝居の中村かめも一緒。杵屋に芳村といった三味線の人々の。むめ女が開く傘がぱっとなる。
こういうのもいい。

昨夏、横浜そごうや京都の美術館えきで国芳展を見たが肉筆はほぼ全て同じものが出ていた。
世界に一点限りの肉筆、再会できたのは嬉しい。


芳政 勧善懲悪四季夜鑑 二代目訥升の頼光、二代目紫若の三日月おせん実は瀧夜叉姫 これは光と闇の配分の巧い絵。ピカーと光った灯りから顔を背ける女。配色がとてもいい。

芳幾 鍾馗 寸詰まり風な鍾馗。鬼はなんかの下敷きにされてる。うむ、ちょっと気の毒。
この構図、1コママンガぽくて面白かった。

暁斎と芳年のいい絵がずらりとある。
段々と近代性も出てきたが、根が江戸の人なのでやっぱり面白い。
好きな作品が並ぶのはただただ嬉しい。

そして直接の指導を受けはせずとも「国芳イズム」を受け継いだ魂の血脈たちの絵が並ぶ。

小林永濯の絵をこんなにたくさん一度に並ぶのを見るのは初めてだった。
すごい迫力である。
「ギョッとする日本絵画」ならぬ「ダブル・インパクト」展で永濯の山上で叫ぶ菅公の姿に度肝を抜かれた人も少なくない。  
今回も実に多くの「ギョッ」があった。うまい描き分けをするので、美人から戯画までなんでもござれである。
そういう点が国芳イズムのヒトと言える。

こんな愛らしい猫も描く。イメージ (64)
徽宗の猫…

非常にカッコいい鍾馗もいる。ハードボイルドな鍾馗である。リアルな雰囲気でとても静かな達人…そんな風情がある。

ちりめん本も手掛けているのがいい。

弟子の富岡永洗の絵は1999年に弥生美術館で「明治の挿絵画家」展で堪能したが、永濯はこの展覧会が一番数多く出ているのかもしれない.

ほかに尾形月耕、山本昇雲の絵もたくさんあった。
昇雲は最初にdo ! family美術館で見た後、太田でも回顧展があったのを覚えている。
愛らしい女児から娘さんをよく描いていた。
あれ以来みていないので、とても嬉しい。
明治の浮世絵系絵師の絵はなかなか展示されないが、こうしてみることが出来るのはありがたい。

最後にこのコレクションの所蔵家である悳俊彦さんの洋画を見た。
色の変化の美しい和やかな風景画が多かった。
石神井、武蔵野、玉川上水…水の多い地を選んでいるようである。

いい展覧会だった。

関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア