美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

クラブコスメチックス文化資料室「素肌の美を増す化粧品」展 

春高楼のは花の宴で「荒城の月」、春功労のは春になにやら頑張ったヒト。
そっちではなく展覧会のお話。
春恒例というと府中市美術館「春の江戸絵画祭」と大和文華館の三春の滝桜に近世風俗画展、東博の「博物館でお花見」…などがすぐに思い浮かぶところでしょう。
でもこちらも「春恒例の」展覧会なのです。
クラブコスメチックス文化資料室の企画展。
これは小さな企画展とはいえ中身の濃い濃い展覧会。
今回は「素肌の美を増す化粧品」展というタイトルで副題が「中山太陽堂にみる商品戦略」。

IMGP0042_2016041312523217d.jpg

中山太陽堂(クラブコスメチックスの前身)は良質な宣伝を世に送り続けた。
化粧品だけでなく歯磨き粉なども製造してきたが、それらを販売するために魅力的な宣伝広告を作成した。
とはいえ「うちのは素晴らしい」というアピールだけではなく、「どう使えばよいか・このようにするとよい」という一種の啓蒙も行ってきた。
そのあたりが創業者・中山太一の賢いところで、それが魅力となって明治大正昭和の広告史に中山太陽堂の仕事がキラキラと輝き続ける理由にもなった。

IMGP0072_201604131711137bd.jpg

今回は許可を得て展示室の様子を撮影させていただきました。

例によって大してうまくもない写真なので本当の魅力はあんまり伝わりそうにないけれど、この記事を見て「本物はどうなんだろう」とお出かけしてくれはると、ああよかった…と思うわけですよ。

文化資料室の様子。
IMGP0067_2016041317110705b.jpg


製品パッケージ、外観。
IMGP0043_20160413125234e15.jpg

現在よりちょっと昔の方が、装飾に対して憧れを懐いていたと思う。
北欧製のシンプルさもいいけれど、レトロな愛らしさが横溢したデザインにときめく。

IMGP0044_201604131252358d5.jpg

可愛いなあ。
IMGP0045_20160413125237b53.jpg

中山太陽堂の年表が貼ってた。初めて見たような気もする。
IMGP0046_201604131252381f9.jpg
時代の流れを踏まえて展示品を見ると、見えないものも見えてくる。

IMGP0051_2016041312525673f.jpg
モニターで会社の歴史とかクラブ白粉、クラブ洗い粉についての情報をみる。

椅子に座って一休み。
IMGP0050_20160413125254e5b.jpg

IMGP0052_20160413171007bc0.jpg

洗い粉の容器はこのように使います、という手順説明。
かっこいい。香水入れかウィスキー入れを思い出したよ。
IMGP0055_2016041317101106e.jpg

実はこの洗い粉は明治の昔から平成の今に至るまで、少しずつ変わりながらも販売されてきた。
工場で生産されているが、なんと袋に詰めるのは手作業なのだ。
手作業で行うその理由こそが、明治から平成に至るまでこの製品が販売され続けてきた理由でもある。
とても丁寧な洗顔のできる洗い粉なのだった。

明治の新聞広告。
IMGP0056_20160413171013475.jpg

IMGP0057_20160413171027a6f.jpg

昔の新聞は面白いのでついついじっくり読んでしまう。
雑誌ももちろんそう。
これらの雑誌にクラブの宣伝が掲載されていた。
IMGP0069_20160413171110ea2.jpg IMGP0059_2016041317103004f.jpg

昔のセットもの
IMGP0058_20160413171029691.jpg
可愛いパッケージのもので構成されていて、揃えた人は楽しかったろうねえ。いいなあ。

会社の写真あれこれ。
こういうのがまた本当に面白くて。
IMGP0060_20160413171031f69.jpg

IMGP0061_2016041317103390a.jpg

働く女子社員の皆さん
IMGP0062_2016041317104730c.jpg

かつての本社社屋。いい建物。
IMGP0064_2016041317105012e.jpg

レトロな運送トラック
IMGP0065_20160413171052aaa.jpg

資料室の一隅ではショッピングコーナーもあって、当時のパッケージを再現したクリームなどもある。
わたしはホルモンクリームにハマッてて、3つある種類の缶を集めましたよ♪
IMGP0066_201604131710538ce.jpg
洗い粉も当時の再現パッケージ。可愛い。

わたしもこの広告に従って洗い粉を使ってみましょ。
IMGP0073_201604131711307e5.jpg

場所は地下鉄中央線阿波座駅のすぐそば。千日前線だとちょっと歩くかな。
日祝休みで、5月末まで開館中。

次の企画展も楽しみ~~
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア