美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

暮らしの中の愛玩の品々

松濤美術館へ名品展として出向いている頴川美術館の数々、ネットでの好評を聴くだけでファンとして、とても嬉しくなる。
さてその留守を守る様子を見に行くと、これがまたとても面白かった。
「暮らしの中の愛玩の品々」
イメージ (37)

春秋花鳥図屏風 景文 金屏風、右にトリ一家に白梅から牡丹、左は鶴に桔梗、黄菊、竹、南天。温厚な優しい、いい絵。

ここから始まって絵と工芸品とがいい具合に並んでいた。

つい先日見たばかりの永楽和全の可愛いやきものがあった。
紫交趾梅形鉢 全体に紫色の釉薬をかけて蕊の辺りを卵色の釉薬でまとめていた。
可愛いなあ。

ほかに明清の愛らしいやきものがごろごろしていた。
名品展に自慢の品々を出していてなおかつ、こんなにも深いレベルのものが知らん顔して現れるのだ。

尉姥図 景文 高砂の老カップルが機嫌よく立っている。爺さんは顔が大きい4-5頭身で、傍の婆さんは猫背である。
本当に昔の日本人の体形が描かれている。

蛭子大黒図 横山清暉  景文のお弟子。淡彩でご機嫌な二人組を描く。踊るえべっさんの背後で鯛が目を向いている。
大黒さんも俵の上でブーツ履いたまま鼓打っていて、これは「萬歳と才蔵」やわと思う。

鬼の念仏図 風花翁雲阿 大津絵のあれ。可愛い。梅逸や日根対山に学んだそうな。

ここからの工芸品はすべて個人蔵。
いいものばかりだった。

鎌倉彫雲錦文食籠 三橋了和 大正から昭和にかけて作られたもので、とても凝っている。
イメージ (78)
普通雲錦文は桜は桜・楓は楓と住み分けているのだが、この雲錦文は違う。
楓が指のような葉をいっぱいに広げて桜を抑え込んでいるのだった。
桜はそこから飛び出そうとするも、いまだに閉ざされたまま。アルカトラズ・雲錦文。
これはここの所蔵品ではないので、今回のチャンスを逃すと次にいつ会えるかわからない逸品。
作者は関東大震災で関西に逃れてきた。父祖は鎌倉仏師の中興の祖・26世鎌山の長男。関西に来てからは大徳寺と表千家の御用を勤めていた。

阿蘭陀松竹梅鶴亀文角皿 上田耕冲の絵付けである。めでたい絵柄。鶴も亀もファンキーで、松はええかっこして、梅も竹もキラキラしている。
イメージ (77)

昭和の根来塗もある。むろん剥落はないのでピカピカ。わたしは塗り物はピカピカな春慶塗がベストなので根来もこれくらいピカピカなのはほっとする。

桑流水文蒔絵茶托 前田南斎 これも大正から昭和のもの。水の流れが@@ぽい。

螺鈿四君子文香卓 藤一 明治の腕のいい職人の仕事。とても綺麗。桜に菊の文様。螺鈿の美を堪能する。

煎茶用具も並んでいた。
ここでも三浦竹泉のこしらえたやきものが色々出ている。
木米に倣うものもあり、達者なのを感じる。
持ち主の嗜好が見えるようで楽しい。

白泥ボーフラ これは急須。面白いな、素焼きなのだ。
蒟醤の盆もある。絵柄は沈み過ぎてわからない。
木瓜形の錫の茶托あるがこれは引手にしたい。
南鐐瑪瑙紐瓶はつまみが瑪瑙。愛らしい。

煎茶の用具も組む楽しみがある。
最近は煎茶の面白さを知るようになり、とても楽しい。
先ごろも静嘉堂の「煎茶の美」に大いに喜んだが、そもそも煎茶用具の良さを知ることになったのはこの頴川美術館のおかげだった。

四季花鳥図屏風 応挙 これは水辺の楽園とでもいった風情の絵で、鷺、翡翠、鴨たちも心得て、なかなかいいポーズを見せている。左の秋の様子はコガモとマガモのあららな様子もあり、雀たちも愛らしく、全く見飽きることはない。

小さな美術館だが、みるものは尽きない。
GWには松濤美術館へ出開帳する名品たちの陣中見舞いに行く。
とても楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア