美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

没後100年 宮川香山

サントリー美術館で人気を博した「没後100年 宮川香山」展が東洋陶磁美術館に来ている。こちらもたいへん繁盛している。
宮川香山といえばこれまでに二つの大きな展覧会をみて、ここでその感想を挙げている。
「横浜・東京 銘時の輸出陶磁器展 ハマヤキ故郷へ帰る」神奈川県立歴史博物館

「世界に挑んだ明治の美 宮川香山とアールヌーヴォー」ヤマザキマザック美術館

イメージ (69)


高浮彫の技術で当時の欧米と、現代の我々とをあっと言わせた宮川香山。
京都から横浜に出て大成功ではないか。
そして釉下彩の綺麗でつややかなやきもの。
宮川香山は二種の趣向の異なるやきものを世に贈ったのだ。

田邊哲人コレクションを中心にした展示である。
プロローグ 万国博覧会を舞台に 華麗なる高浮彫の世界

基本になる花瓶にはそんなに形を変えたりもせず、むしろ端正な形状をしている。それをdecoratedしたものが言わば「凄まじい」のである。
vaseはbaseに忠実で、装飾の単品もそれだけで見て「ををを」なのは案外少ない。
しかしそれらが合わさると、ちょっとした妖怪城になるだけだ。
粋イキでも粋スイでもないが、華麗なのは確かだった。

立体型の造形品、特に装飾品の場合、触りたくなるのは古今東西変わらない。
カニや猫がリアルに作られたのが装飾として花瓶や壺に貼り付けられていると、撫でてみたいと思うのは当然だ。
とはいえそれは持ち主だけの特権である。
だから手で触れられない・舐められない・頬ずりできないものたちは眼で愛でるしかない。
観客はみんな執拗に目前のやきものを<視て>いた。

白鷺や鳩や孔雀を高浮彫にして貼り付け、ベースに色絵で桜や薔薇のような花を描く。
もう東洋の吉祥文様の制約などは失われ、見栄えの良いとりあわせを続ける。

地に椿が落ちる色絵には高浮彫で群れる鳩が取り付けられる。鳩の下には花の鉄索のようなものが続く。そこに絡みつくには二次元と三次元の境界を越えねばならない。
だがそれは永遠に不可能であり、鳩は飛び続け、それを捉えようと花の鉄索は広がったままでいる。

1.京都、虫明そして横浜へ

青華赤絵鳳凰図獅子紐香炉 この獅子が可愛い。んがっと口を開けて金歯を見せる獅子。

粉彩武帝・西王母図獅子耳付花瓶 釉薬でピンク色が表現できるようになり、綺麗さが増した。四人の文官を率いた武帝、傍らの小男は東方朔か。
対の瓶には侍女を連れた西王母。七つの桃の内、五つを贈ったそうだ。

物語絵はそれを知る人でないと価値が半減する。欧米にはこれら東アジアの物語は通じなかったろう…

真葛焼の家の子だから京焼の構成が身についている、といくつかの作品をみてそんなことを思った。
仁清の七宝繋文を思わせる文様が入っているのや彼に倣うたとするものもあった。
しかし新しいものを拵える、新しい世界へ出る、と決めた宮川香山はそれらを通り過ぎてゆく。

イメージ (70)

2.高浮彫の世界

一番好きなのはこの猫である。
可愛いなあ。歯並び、ベロ、目つき、爪。猫嫌いなひとにはわからないかもしれないが、この猫は本当に可愛い。肉球もリアル。猫がニガテな人はこの猫を不気味というたが、わたしのような猫好きにはそこが可愛いてならんわとなる。
可愛いなあ、可愛いなあ、可愛いなあ。

イメージ (49)

猫は他にもいる。
高浮彫猫ニ団扇花瓶 対もので団扇の柄の部分のみ高浮彫。色絵で斑猫vsカマキリ、ゾロ柄猫などが毛並みもよく描かれていた。

瑠璃釉高浮彫猫花瓶 こちらの対ものはそれぞれ猫の暴れん坊なところを可愛く表現。
蝶々を捕まえるブチなのだが、時間の推移がある。
蝶々を確認する・狙う・がぶっっっ 吉祥画の耄が耋を噛むわけです。

高浮彫親子熊花瓶 穴倉に母熊と転がる子熊二匹。 よく拵えてある。
ふと思ったが、高浮彫のネコもクマもカニも英語ではfigureと訳されるのだろうか。

高浮彫鷹架花瓶  鷹が止まり木にいる。繋がれている。
鷹が止まる横長の木を「台槊」ダイボコと言うそうだ。そこに掛けられた布を「槊衣」ホコギヌと言う。
これはやはり鷹だけの為の言葉、鷹だけの特権なのか。猿のとまる木はどうなのか。
一つ知ると二つ三つ疑問が湧いてくる。

高浮彫大鷲雀捕獲花瓶  ああ…生存競争は厳しいな。雀危うし。小さい二羽が狙われている。そしてもう一方の瓶では捕まってる。逃げる雀もいるがヤラレましたな。

高浮彫木莵花瓶  こちらも雀。ミミズクが眠そうなのだが、雀も無事とは言い切れない。花瓶をぐるり一周、雀たちそれぞれの動きが面白い。逃げるもの・隠れるものなどなど。

高浮彫群鴨水盤  これは角の丸い長方水盤の縁の上に鴨が何羽もいるのだが、漢代の明器を思い出した。あんな感じ。

高浮彫枯蓮梯子ニ遊蛙花瓶  暁斎の絵が立体化したような蛙たち。上の方のカエルは筏師になり、ふぅらふぅら遊ぶのもいて、雀も飛んでいる。

次から次へと凄いのが続く。

あの猫の先行作もいる。こちらはベロなし。こいつも可愛いな。
菊慈童と東方朔、翡翠、葡萄に蜂、風神雷神に百鬼夜行。
「ファイト―!」「イッパーツ」なキノコ採りに勤しむ人々とか、工夫の凝らされたものがこれでもかと現れる。

色絵も負けていない。骸骨合戦、魚介類、イッチンで獅子牡丹などなど・・・
技能の限りを尽くしてくる。

イメージ (50)

3.華麗な釉下彩・釉彩の展開
Figureなしの色絵で世に問う。

陰刻で沈む鯉を表現したり、イッチン盛でくっきりと魚を浮かび上がらせたり(呼吸困難になるがな、浮いたらw)、釉裏紅暗花で見え隠れする柳などもあり、艶めかしい釉下彩のやきものたちに至っては、板谷波山を思い出したりもした。

釉下彩の艶めかしさには本当にクラクラした。
明治になり外国製の釉薬が入りこれまでとは異なる色遣いが生まれるようになり、そこからまた新たな展開があった。
この時代にしか生まれえないやきものたちもあり、それを眺めるのが本当に楽しい。

蘋果緑に紅斑の散ったもの、並河の七宝焼を思わせるもの、弘明寺の十一面観音を模したものなど様々なやきものが並ぶ。
この辺りは本当に色の美が素晴らしい。

釉下彩荒磯文茶入 ぬっと出る鯛には笑えた。

工芸館、泉屋博古館などで見かけるものもある。
中には楠部彌弌の先行作品のようなものもみかけ、宮川香山という人がいてくれてよかったと思う。
こうした先達がいなくては出来ることも出来ないときがある。

エピローグ 香山の見果てぬ夢

ここで蟹がついに現れた。立派なカニでした。
たぶん、ワタリガニ。

最後にも綺麗なものがある。
青華白蓮図花瓶 葉の青灰色と白花の表現が、まるで東郷青児の美人画のようだった。透明ではなく不透明の美。

釉下彩盛絵杜若図花瓶 これこそ彌弌の彩埏の先達ではなかろうか。薄い赤香色の地に杜若が固く浮き立つ。

建物二階半ばのロビーで写真撮影可能な作品があった。とてもいいことだ。
喜んで撮る人が多かった。



太陽光で作品を見ることは出来なかったが、とても満足している。
とてもよかった。

宮川香山展のあとは常設をみる。
わたしの最愛の陶板が「六鶴文」と表示されていた。以前とは違う名前をもらったようだ。
それはそれでいいと思った。

いつか横浜の「宮川香山 真屑ミュージアム」に行きたいと思う。

追記:岡山県美のチラシを手に入れた。
こっちはネズミがメインだった。
イメージ (2)

イメージ (3)
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア