美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

やきもの百花繚乱 宗旦・宗和・遠州とその時代

湯木美術館へいった。
「やきもの百花繚乱 宗旦・宗和・遠州とその時代」展の後期である。
「茶陶いっき見!!」とあおってくれている。
イメージ (67)

先の明治のやきものから今度は江戸時代の作品が中心の展覧会へと移り、気分も変わる。

禾目天目 南宋 きらきらしい。シャッシャッと無数の細い線が走り続ける。
しかしこの茶碗のきらきらしさもワビ茶全盛の頃は人気がイマイチなかったそうだ。まあ価値観は多様というか、流行り廃りがあるからなあ。
江戸中期で人気グングン。

色絵扇流文茶碗 仁清 この茶碗はいつの時期までかここのチケットの半券に選ばれていた。
ふと上から見たら3/4円形だったことに初めて気づいた。

青井戸茶碗 銘・春日野 大正名器鑑所載、広岡家・松岡家・益田家伝来 朝鮮王朝時代 福岡市美術館所蔵「瀬尾」、個人蔵の「竹屋」と並ぶ「東都三名器」と謳われた茶碗。二色の茶碗。

獅子撮砂金袋水指 仁清 獅子がくつろいでいる。しっぽも凪いでいた。
いかにも仁清。かわいいな。

赤平茶碗 宗和 藤田家伝来 一目見て「熟しすぎた柿みたいやな」と思ったが、わたしだけの意見ではなかった。
手に入れた湯木さんご本人が追銘として「じゅく柿」とつけておられた。やっぱりなー。
大阪の昔のご婦人方、今の七十代以上の人々はどういうわけか熟しすぎた柿が大好きという人が多くて、それを娘等にも進めるから、娘等は間違いなく柿嫌いになったが、やがて自分で選ぶ年になって、初めて熟し以前のおいしい堅さの柿を食べるようになるのだよ。

膳所耳付茶入 銘・五月雨 不昧所持  内箱の裏に「山ひめのおるや衣の瀧津背に くりいたす糸の五月雨のころ」と公の和歌がある。「耳あらばこそ五月雨聴こゆ」なのですよ。

絵唐津飛鳥梅鉢文向付 五客  梅は丸い○で構成されているが、中にはズレたのもある。見込みに飛鳥。

古染付蝶形向付 明代  これはなかなか可愛らしかった。

割山椒向付がある。
本歌は上野焼、写しはノンコウ。前から好きなもの。湯木貞一さんのお料理写真にもこの向付が使われているのを何度か見ている。ノンコウは食器はあまり作らず、赤楽の菊皿、百合皿とこの分だけ。

イメージ (68)

浮御堂画賛 宗旦  水がひたひたと来る。

達磨絵賛 遠州  佐竹家伝来  リアルなオッチャンである。ぎろっとした眼が晩年の谷崎のようだった。

鷺図 光琳 やたらと縦長である。

奥高麗茶碗 枇杷色で見込みに貫入。それがまるでバラの花のように見える。

水玉透向付 仁清  これはわたしが一番最初に湯木に来た時にみたもの。12の連山に12の孔。可愛いなあ。

毎回素敵な茶道具を見せてもらい、本当にうれしい。

6/26まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア