美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

東洋館でみた工芸品

いつでも見ていたいものがいくつもある。
東博には特にそれが多い。

・クメールの仏たち

ゾウさんに囲まれるのもいいな。
IMGP0185_20160705150437de2.jpg

闇から浮かび上がる。IMGP0186_20160705150438884.jpg

九曜
IMGP0187_2016070515045392e.jpg

可愛い。IMGP0188_20160705150454637.jpg
顔は削られているが、ゾウさんは残る。

日本のお地蔵さんに近い表情が優しい。IMGP0189_20160705150456afc.jpg

ゾウさんの上に立ち、ポーズ決めてます。花綱がかっこいい。
IMGP0190_201607051504589f2.jpg
外連味溢れるこの場、歌舞伎のようやわ。

綺麗なお顔なのでどちらからも見ていたい。
IMGP0192_20160705150521168.jpg  IMGP0191_20160705150459b84.jpg

丸耳ゾウというのはあるが、これは丸身ゾウですな。IMGP0193_20160705150522d39.jpg

ガネーシャIMGP0201_201607051556255f2.jpg
おカネがたまるそうです。

そういえばヒンズー教の神のガネ―シャは父親に首を斬られてしまって、あわてて蘇らせようとしたときの手違いでゾウの首が乗っかったのでしたな。
インドを舞台にしたトーマス・マン「すげ替えられた首」という小説は三角関係の果てに首が入れ替わるのだが、あれは落語になりそうな話だと思う。

・タイあたりの金属系
魚型のこれは釣針なのかな。
IMGP0202_20160705155627b16.jpg

・中国の陶磁器

妙に可愛い怪獣IMGP0203_2016070515562822a.jpg

IMGP0204_2016070515563028e.jpg

こんにちはIMGP0205_201607051556519f3.jpg

十牛図の一部かも。
IMGP0206_20160705155653ec3.jpg

・漆芸

色が綺麗。IMGP0207_20160705155654b56.jpg

やっぱり螺鈿が大好き。
IMGP0208_20160705155656c12.jpg

IMGP0209_20160705155658766.jpg

IMGP0210_201607051614548c2.jpg

童子存星方勝形合子 嘉靖年間の唐子たち
IMGP0214_2016070516145834a.jpg

IMGP0215_2016070516150071c.jpg

IMGP0217_20160705161521547.jpg

柘榴は血の味、赤い味IMGP0213_20160705161457027.jpg

・石碑

昔のヒトも忙しいIMGP0218_2016070516152234a.jpg

働くウサギさんIMGP0219_20160705161524f15.jpg

逃げろや逃げろIMGP0220_201607051615257d2.jpg

よく見たら相当こまかい。IMGP0237_20160705162101bfa.jpg

IMGP0238_2016070516210247b.jpg

IMGP0239_20160705162103fe0.jpg

唐の陶美人IMGP0240_20160705162105e47.jpg

・古代朝鮮

半跏思惟像IMGP0212_20160705161456831.jpg

美人の手には小鳥、美佛の指は頬に。

いいものはいつみてもいい。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア