美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

サロンクバヤ  シンガポール 麗しのスタイル

福岡県立美術館のあと、松濤美術館に巡回が来た。
こちらでは撮影可能だと言うので喜んでカメラを持って出かけた。
こちらも素敵なファッション展となっていた。
イメージ (2)

展示リストはなく解説が作品の横にあるのだが、ついつい見る方に懸命になって、そちらを疎かにしてしまった。
だから詳しいことはわたしにはわからない。
なおこの展示の内訳それから展覧会の目的は以下。
「18世紀から20世紀にかけてのシンガポールのプラナカン(中国やインド系移民の子孫)の女性用民族衣装「サロンクバヤ」やジュエリー、ビーズのサンダルなど約140点を展示し、ファッションという視点から、シンガポール文化の重層性や日本との関わりを読み解きます。本展は2016年の日本・シンガポール外交関係樹立50周年を記念して開催するもので、シンガポール国立アジア文明博物館とプラナカンの名家であるリー家のコレクションを中心に紹介します。」


数年前にシンガポールに行った時、バティックに惹かれていたのだが、このサロンクバヤには本当にうっとりした。
ただ、残念なことに今はもうこのスタイルはない。
「洋服」が席巻してしまったからだが。
しかし綺麗なものを称賛するのに時代は関係ない。
わたしはこの「ブラウス」と「スカート」の美しさにときめき、着れないことをわかっているのに「欲しい」と思ったのだった。

IMGP0447_201608151154426fe.jpg
カラフル。

こちらはシンガポール航空のCAの制服。わたしもスカーフを持っている。
当然だが、圧倒的に細身のスタイルでないと似合わない。
IMGP0448_20160815115541a6d.jpg

IMGP0449_20160815115542637.jpg

白のこの上着がとても素敵だ。
その上着をクバヤというそうだ。
IMGP0450_20160815115544214.jpg

IMGP0451_20160815115546940.jpg

IMGP0452_20160815115548800.jpg

腰巻スカートをサロンというのを最初に知ったのはFフォーサイス「ジャッカルの日」からだった。
どのシーンからかは、読んだ人ならわかるだろう、フフフ。

そしてこの↑の右のサロンの文様、物語である。
IMGP0453_201608151156046cf.jpg
白雪姫である。

IMGP0454_2016081511560626c.jpg

IMGP0456_20160815115607204.jpg

物語絵を身にまとうのも楽しいだろう。日本の着物の柄に源氏絵・伊勢絵があるのと同じだ。
「赤ずきん」が特に人気だったそうだ。

IMGP0457_2016081511560987d.jpg

この頃の刺繍やレースは全て手製である。だからこそ高級な衣服だった。
IMGP0458_20160815115610a19.jpg

わたしはスワトウ刺繍の美に魅せられている。
クバヤの刺繍はそれとは違うだろうけれど、手が込んでいるのは同じだ。
手の込んだ刺繍やレース、なんて素敵なのだろう。

IMGP0459_20160815131508a1a.jpg

IMGP0460_20160815131509beb.jpg

時代が下がり化学染料が入る。
IMGP0461_201608151315100b5.jpg
これらも華やかでいいけれど、実はわたしはその前代の白いクバヤと華やかなサロンの方が好みだ。
色もいいが、刺繍やレースの美をより楽しめるのは半透明に近い白の方だ。

リー家の婦人の写真
IMGP0462_20160815131512992.jpg

IMGP0485_201608151331498fc.jpg


IMGP0463_201608151315143da.jpg

IMGP0464.jpg

IMGP0465_20160815131536b37.jpg

IMGP0466_20160815131538561.jpg

IMGP0467_20160815131540fea.jpg

シンガポール美人の写真
IMGP0468_20160815131541ea4.jpg

染織の面白さ。デザイナーの仕事が入る。
IMGP0469_20160815132747267.jpg

IMGP0470_20160815132748986.jpg

綺麗なものが好きだ。
IMGP0471_20160815132749aea.jpg

IMGP0472_20160815132751eef.jpg

IMGP0473_20160815132752f91.jpg

靴もとても手が込んでいる。
IMGP0474_201608151328080e1.jpg

IMGP0475_20160815132810c36.jpg

IMGP0476_2016081513281111a.jpg

IMGP0477_20160815132813621.jpg

リー家の宝飾コレクション。祖母から母へ、母から娘へ・・・
IMGP0479_20160815132814b8c.jpg

IMGP0480_2016081513312944c.jpg

IMGP0481_2016081513313169d.jpg

IMGP0482_201608151331320d8.jpg

IMGP0483_201608151331346c0.jpg

IMGP0484_20160815133135b8e.jpg

IMGP0486_20160815133150eb5.jpg

本当に贅沢な美しさを堪能した。

イメージ (3)
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア