美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **なお現在コメント欄を閉鎖中です。

「江戸の遊び絵づくし」から「紙のおもちゃ~すごろく・かるた~」まで

明石市立文化博物館で「江戸の遊び絵づくし」展を大いに楽しんだ。
「おはつです!」と挨拶されて、開館前から並び、中へGO!
イメージ (42)
幕末の浮世絵がメインだから猫の出現率も高い。

・ふしぎなからだ 合体・あべこべ・顔三つ!?
芳藤、芳艶らのおもちゃ絵が登場。特性を利用して「五人のアタマで十人に」視えさせる描き方をしたり、一つの身体を共有する数人を拵えたり。
大概こういうのは童子の絵が多いのだが、西洋風軍装をする人々で構成されているのもあり、びっくり。
師匠は更に凝っていて、国芳のは鬼、組討ち中の武者、烏天狗なども仲間入り。しかもこの一組ずつは実は敵同士というから、モノスゴイ構成力。芝居の「双蝶々曲輪日記」の二人の蝶ならぬ長の長左衛門と長吉、彼らが体を共有しながら立ち向かい合うのはスゴイ、こんな構成が出来るのだな。
ただただ感心、唖然呆然。

オバケ絵もある。
広重の清盛が髑髏モリモリの怪異を見る図、芳員の大物浦で知盛らの亡霊vs義経ご一行などは好きな絵。

変顔集めもあり、お江戸は本当にこうした遊び心満載やなあと笑う。
上下をさかさまにすると顔の変わる絵も何点か出ていた。
これはわたしが中学の時か、さる新聞が毎月この絵を特集していた。その記事で知ったものたち。

バケモノ仲間には必ず累が仲間入りしているのが憐れなようでもあり、累人気の高さを偲ばせもする。

三面大黒、それから小林清親の三都美人(一つのアタマに三つの顔、目とか共有の)など。
ピカソより先にこういうのを描いてた清親。←チョットチガウ。

・みんな大好き♪おもちゃ絵
明治になっても浮世絵師はこだわった仕掛けモノを拵えている。

国周の隠亡堀戸板返し、周延の蛇山庵室、どちらもお岩さんの妙技をみせる仕掛けもの。芝居も面白いが浮世絵の仕掛けものもいい。
わたしなんぞは四谷怪談が掛かるとやっぱり見たくて仕方なくなる。

「風流百目玉」と字面だけ見ると、水木しげるの「悪魔くん」山田真吾の友達の百目を思い出すところだが、これはいわゆる「目かつら」。博多ニワカのあれと同じ。
仮面の忍者赤影もシャア・アズナブルも「仮面の人」だが、それは目元だけの話、あれのお仲間という(てはいかんか)。
完全なる仮面というのは実は聖闘士星矢の女聖闘士のあれだけかもしれない。
月光仮面は覆面だし、仮面ライダーは全身で変身だし、ガラスの仮面は違うし、シルバー仮面も変身だし…

目かつらだけではない、組み立て絵(立版古)で鎧のセットがあった。万延元年(のフットボール、と続けたくなる)刊行された芳藤のおもちゃ絵。具足の組み立てとはこらまたハイレベルな。しかも取説・方法もなし。
「少年倶楽部」の「三笠」もレベル高すぎるが、江戸時代の具足もたまらんハイレベルですな。

紋所をモチーフにした箱作りもあった。
それが何角形かわからないくらい高度なものもあり、今これを拵えたヒトに感心するばかり。すごいなあ。

わたしが出来そうなのは芳藤の「ひな壇」。そう、昔の小学館の学年雑誌の三月号の付録として着いてくるあれ。山折りに段々を拵えて、そこにお雛様たちを貼り付けてゆく。
すごく簡単だけど楽しい。今も低学年向けの雑誌にはついている。
江戸と昭和とはつながっていたのだ、紙のおもちゃに関しては。

ここでちょっと飛ぶが、飛鳥山の紙の博物館で開催中の「紙のおもちゃ~すごろく・かるた~」展を思い出したのでそのことも記しておこう。
イメージ (45)

色んな双六があるが、当時人気のアニメのパチもんもあったり、あえて名を書かないことで知らん顔で使用しているのもあったり。
これは昭和20年代後半から30年代半ばまでの映画スターたちの双六か。
イメージ (46)

イメージ (47)

上毛かるたと言うのもある。
イメージ (48)

他にガラスの仮面かるたが出ていた。わたしの友人は北斗の拳かるたを持っていた。
「あたたたた、北斗神拳秘孔突く」とか「ひでぶ!お前はもう死んでいる」などなど。

他の国の紙のおもちゃは知らないので比較も出来ないが、日本の紙のおもちゃは双六にしてもカルタにしても仕掛けものにしてもレベルの高いものが多い。
特に六海道などが整備されていた関係上、宿場の制度もしっかりしていて、それをつなぐ通信手段も確立していたので江戸時代以降の紙の双六は面白いものが多い。
その流れがそのまま明治大正昭和へ引き継がれたと思う。

さて元に戻り江戸のあそび絵。
イメージ (43)

福笑い、凧尽くし、着せ替え。
当時人気の女形・坂東しうかのかつら替えなども面白い。
これは複製品があるのでちょっと遊んでみた。吹輪から夜鷹まで色々。

手が込んでいるのは「たたみ換絵」というもので、少しずつ動かすと山折りA面と谷折りB面とが入れ替わり、違う絵になるというもの。これはとても楽しい。

芳藤の猫尽くし両面合わせは猫の表裏を描いたものをチョキチョキペタペタして割り箸を差し込んで、というもの。可愛いわ。
その現物がたくさんあるのだが、ちょっと串カツみたいw

・よって、たかって、こしらえる
浮世絵が集まる。

国芳の人の集まった顔、芳藤の猫の集まった猫などが出ている。
唐子を集めて巨大唐子にしたのもある。
これを見ると「コブラ」にもこんなのがあったなあと思い出す。

貞房の「忠臣蔵見立て人形」も面白い。これは見立て絵・留守文様なわけで、タコ・松・財布・編笠・陣太鼓などなど忠臣蔵好きにはすぐに!とくるものばかり集まっていた。

「北国のおばけ」これは別に寒い国のオバケと言う意味ではなく、吉原を「北国」と呼んだのから来ている。
吉原を舞台にしたマンガ「さんだらぼっち」にもその呼び方が出ている。
そしてオバケとはつまり花魁。ただ、この描かれた花魁は哀しい眼をしている。

鳥尽くしがある。いずれも実在のではなく、時世を風刺してのもの。
こういうのを売り出す気風、いいなあ。

十二支で集まって「寿」という獣になるのもある

・幸せ運ぶラッキーアイテム
七福神絵、有卦絵などが並ぶ。大抵「ふ」尽くしの絵。ふくろう、ふくすけ、ふね、福、ふで…
フラスコまで仲間入りしている。

・チャレンジ!江戸っ子と知恵比べ
判じ絵がずらーーーっ
いちいち挙げて行けないくらいの数。いやー、面白かった。
馬のような顔の女や穴にいる子供などなど。
中には「なんでやねん」なのもあり、笑える。
一方でやっぱり意味が分からないのもあったり。面白いわ

・身振り手振りでこれなーんだ?
ここでは影絵ものが多い。
広重のアホらしい行動をする人物たちが元気いっぱいに演じている。
国芳の描く人物より広重の人物の方が全般に滑稽味が強い。
座敷芸。幇間ではなく素人までこういうことしてたんだなあ。

・人も世相も茶化しちゃえ!戯画ワールド
芳年の百器夜行、国芳のむだ書きシリーズ、北斎らの鳥羽絵、流行猫の狂言尽くしなどなど。

ああもう本当に笑えた。それに自分も拵えたくなるものもたくさん。
江戸のあそび絵、いいなあ。楽しかった。

9/4まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア