美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **なお現在コメント欄を閉鎖中です。

静かなる動物園 髙島屋動物園 後期

タイトル通り、髙島屋動物園に遊んだ。
前期の感想はこちら
後期も楽しかったわ。

「アートに棲む生きものたち」と言うだけに今回も染織品の下絵などがたくさん。まずはその下絵から。

花鳥画 上田萬秋 かちょうずというよりガチョウs。鵞鳥がたくさんいた。水辺に集まる鳥達わいわいの図

孔雀之図 下絵だからこその奔放な力強さがある。羽根を仕舞う雌と羽を広げる雄と。その羽根も色は不完全なのだが、それでも薄緑が刷けられていて、ああ孔雀の羽根の華麗さよ、と思うのだ。

雪中鶴 都路華香 三羽の鶴が灰色の空の下、松の大きな枝にとまり、思い思いのポーズをとる。
出待ちのモデルと言うより幕手前の芸妓たちのようでもある。

落葉の中のフクロウ 華香  これはもう華香らしい可愛さのあるミミズク図。縦長の葉っぱで紅葉する木にミミズクがいて、△の小さい耳を立たせ、丸い目を瞠り、尖った嘴を可愛く曲げながら。ちょっと見返る風のポーズ。
可愛い喃。撫でたくなる。

前後期ともども橋本明治のステグラ風鶴と須田国太郎の孔雀にキジもお出まし。

柳に鵞鳥図 谷口香嶠 
イメージ (18)
顔つきなどにも工夫したようで、紙が貼られている。西洋向けの商品の下絵だが、西洋では鵞鳥と言えば家禽であり、魔女の使い??

犬とアヒル これがすごく可愛い。下絵と完成品の写真と元ネタになった絵の資料が出ているのだが、三枚とも可愛い。
著作権とか考えてなかった時代の作品。
三匹のわんこが寝るつもりで樽の方へ行くと…「早い者勝ちだぞ!」と態度の大きなアヒルさんに取られてまして、三匹のわんこは困ってうろうろの図。いいねー可愛い。

藤豆群猿図 ニホンザルが元気そうに集まっているところ。
イメージ (14)

獅子 これはもう完全に「ライオン」。ただし様子は獅子。竹藪に分け入るところ。やることが東洋風。横からの姿で鬣がくるりとロールしてるのもいい感じ。

猪狩り 賢そうな猪と、それにくっつく三匹のやはり賢い目の犬たち。蔦も生えている。墨だけなので赤い蔦か青い蔦かはわからない。

菊と犬 山元春挙 これは下絵と言うより、ほぼ完全な作品でそのミニチュア版と言う感じ。
屏風仕立てで、籬に菊という日本らしい取り合わせの周囲に、走る洋犬と言う取り合わせ。

日本画・洋画を少し。

秋の野 田中以知庵  可愛いな、丸顔のキツネが眠り、傍らのもう一匹はカイカイと掻いている。色の配色も塗りもモダンな感じがする。

前回に続き和田三造の仔犬などが出ている。

香月泰男の動物園シリーズ。上野動物園での様子。
ライオン メスが寝そべる。檻はミント色。
らくだ 座っているのを大人と子供が見ている。
マンドリルとゴリラ 隣同士の住まいにいるのだが、なにやら団地の隣の住人同士のように見えなくもない。
エミュウ 見返りポーズ。下に柊が装飾的に描かれている。
香月のこのシリーズはほっとする…

紅葉白鷺図 小川竹蔵 季節は秋ではなくまざっているらしい。花ショウブも咲いて、芙蓉もある。鷺は四羽と少し離れて一羽。
配置がとてもいい。

海の幸 金島桂華 カレイにクルマエビの淡々とした様子が妙に面白い。
イメージ (19)

貝に海老図 村上嘉兵衛 こちらはまたドラマチックで、波濤の中の岩に巻貝、蛤などが寄り集まり、伊勢海老も必死でここにすがりついている。波にさらわれないように必死で生きているのだ。

蟹 小杉放菴 ザララの鷲の扇面図で三匹の沢蟹がご挨拶。

金魚 中川一政 緑色の背景に赤い金魚と黒の出目金。相変わらず豪胆。

かわます 西山英雄 これは面白かった。ギリシャの皿風な構図で金茶色に斑点の浮くカワマス5匹が目つきも悪く、絶妙の位置関係で皿の上にある。面白いなあ。

遊鮎 福田平八郎 釣り好きらしい鮎のシンプルな目つき。青・水色・白、の色遣いの絶妙さがいい。とてもすっきり。

さてトンビに雁のなかなかいい絵もある。
イメージ (15) イメージ (17)

しかし何というてもこの虎。
イメージ (16)
下絵で白虎。牙が角い。
ところがこの絵の裏手にさらに色塗りされたのがあった。黄色と黒の虎。
こっちは牙は尖って円錐形。
そんな違いを楽しむのもいい。

10/29まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア