美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

驚きの明治工藝

モノモウスなチラシ。この裏表に物凄い情報量が。
しかも感想というか素直に思う言葉までが書かれている。
「すごい!びっくり!かわいい!」
ここまで描かれたチラシ、他に知らんなあ。
イメージ (59)

イメージ (60)

東京藝大美術館。
なんと今回のこの展覧会、写真撮影可能。
それで「#驚き 明治」のタグ付けすればSNS可能と言う、どないしたのだというほどの鷹揚さ。
皆で盛り上がろう、ということなのかな。

というわけで好きなものをぱちぱち。
自在ものが大量にあったことをお伝えしましょう。
なお本当の作品名ではないのを書いているので、あんまりあてにはなさらないでください。

3Mの龍。影もカッコいい。
IMGP0139_20160929002102dcb.jpg

衝立のきれいなこと…
IMGP0140_20160929002103cea.jpg

裏はアールヌーヴォー風
IMGP0141_20160929002257bed.jpg

竜頭鷁首な花生け
IMGP0142_20160929002259707.jpg

瓦に雀IMGP0143_20160929002300b76.jpg

「文句あるのか」と言いそう。IMGP0144_20160929002302eca.jpg

大人しいシカ
IMGP0145_20160929002303997.jpg

カエルがいるのです。IMGP0146_201609290023209f5.jpg

鯱やと説明があるが、どうもわたしはあれを思い出す、飾り物の顔が龍で体が魚の(まんまやがな)、能装束や大津祭の曳車の飾りにもなるような。
IMGP0148_20160929002321692.jpg

IMGP0149_201609290023238a7.jpg

いやげものを思い出したもの二つ。







江戸時代から昭和まで続いているよね。








さて自在などカナモノはここまで。
次からはやきものなど。

「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」のご先祖かもしれない。
いや、あれはよくよく考えると小泉八雲「茶碗の中」が直接のご先祖かな。

IMGP0150_20160929002324e4f.jpg

宮川香山の綺麗系のやきもの。
IMGP0151_20160929002326d09.jpg

名古屋の安藤の七宝花瓶だったかな。小鳥が可愛い。
IMGP0152_20160929002343949.jpg

IMGP0153_20160929002344aa4.jpg

明治の新しい釉薬が可能にした表現。
IMGP0155_201609290023471ed.jpg

IMGP0154_20160929002346e1e.jpg

このやかんのわんこの可愛さ。ぐぬぬぬぬぬ 海野珉乗
IMGP0156_20160929002349e7e.jpg

IMGP0157_20160929002401a4e.jpg

こちらは鳥獣戯画というよりペルシャ絨毯などにある動物闘争文ぽい。
IMGP0158_2016092900240362a.jpg

IMGP0159_20160929002404ef0.jpg

IMGP0160_201609290024065fd.jpg

IMGP0161_2016092900240728f.jpg

IMGP0162_20160929002421c5b.jpg

とはいえこのファンキーさはやっぱり近代的。


いよいよ真打登場?!お狸さん。
色んな角度から見てみます。
IMGP0163_201609290024234ee.jpg

IMGP0164_201609290024240d0.jpg

IMGP0165_201609290024269d6.jpg

狸の坊さんの話はわりとよくあるのだが、11世片岡仁左衛門(今の仁左衛門丈の祖父)が語った中に、語りの巧い狸の話があり、仁左衛門も源平合戦か何かを見せてもらったそうな。
資料を取り出すのがちょっと難しいので出典のタイトルが出ないが、川尻清潭がインタビューしたものだったかな…
「萬松庵」だったか「萬松軒」夜話だったか、ちょっと忘れた。
明治ではまだまだ狸も狐もヒトを化かせたらしい。

サルカニらしいが、光が入り込んでわからなくなったな。
IMGP0166_201609290024277af.jpg

月下に狸の硯箱、木だったりする。
IMGP0167_201609290024412a8.jpg

木象嵌かな、可愛い…IMGP0168_20160929002442d0e.jpg

最後はお猫さん。
IMGP0169_20160929002444e64.jpg

IMGP0170_20160929002445b4e.jpg

IMGP0171_20160929002447da3.jpg

ああ面白い展覧会だった。
明治の工芸品の面白さを堪能した。

なおこれらは台湾の宋培安氏の個人コレクションなのである。
これが本当の驚きだ。今回初めての里帰り。

地域情報誌「うえの」に展覧会の紹介がある。いい記事なので機会があればぜひ。
イメージ (62)

イメージ (61)

11月からは細見美術館にも巡回するそうだ。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア