美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

朝鮮王朝 白磁の世界

高麗美術館で白磁と屏風のいいのをみた。
わたしは高麗青磁が最愛なのだが、朝鮮王朝が白を、白磁を尊ぶ気持ちは最近になってわかるようになってきた(ような気がする)。
イメージ (76)

とかなんとか言いながらこのポスターを見たら白磁に惹かれるのではなくて魚に牛にヤラレますがなw

白磁鉄絵俑 18世紀  にこにこした顔の俑で頭部がカリフラワー形。…何かに似ている。そうだ、諸星大二郎の手塚治虫賞をもらった「生物都市」の宇宙人、あれにそっくりだ。
うーん、李朝にこんな宇宙人がいて、みんなを融合させたのか…←チガウ。

日時計があった。亀の上にペットボトルおいて作るワークショップもあるみたい。
この名前がなかなか難しい。「仰釜日△」 △は日冠に処の字で「ぎょうふにっき」と読むらしい。
読むことは出来なかったが、この時間は多分正確なのだろうな。

青花水滴の可愛いのがいくつもある。下地の白が白磁ではなく青白になっているのもいい。

白磁鎛(はくじ・はく) 鐘の一種なのかな、ちょっとわからない。上部にゴジラのようなのがいる。

螺鈿を楽しむ。
葡萄にリスなんだが、このリスたちが天衣無縫と言うか縦横無尽と言うか自由気儘、放埓無頼で可愛い可愛い。
顔は描かずシルエット風で生き生きしている。ブドウの玉を取ったのもいるし、走りくるのもいる。可愛いわ。

蓮池亀文箱 これがまた素晴らしい。綺麗わ。

魚型三脚盤 ああ、三本の足が全て立つ魚で、丸い天板には千鳥が渦の中心に向かって段々と小さくなってゆく…
可愛くて綺麗で欲しい欲しい。ええ螺鈿細工。
朝鮮のこうした家具の美は本当に凄い。

さて最後に魚楽八曲屏風
ファンキーな魚たちが自在に泳ぐ。エイもイカも蟹もイキイキ。出目むく魚もおるもんなあ。
陸では牛たちがなんだかこちらも楽しそう。いいなあ。
イメージ (77)

明るい、いい展示でしたわ。

11/23まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア