美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

たまにはお寺にも行く日もある。

あんまりお寺に行くことはない。神社にもあんまり行かない。
理由は大したことではない。
とりあえず京都の高島屋で星野道夫展が10/10までだというのと、寺宝の公開を六道珍皇寺がしているというので出かけたのだ。
ところが日曜に家にいるというのは出るのが遅れるということだ。
京都に着いたら12時だというのはちょっとどうかと思うが仕方ない。

祇園の団栗橋を渡り、宮川町の歌舞練場の建物をチラチラ見ながら歩くと、舞妓さんのコスプレをした人が来た。
そうそう、このあたりにコスプレ屋さんあったなと思いながら大和大路に出た。
建仁寺の禅居庵の前の学校がなかなか。他の用途に使われつつも現役で、運動会をしていた。



それで猪の集まるところというのでお邪魔する。
ここは摩利支天さんの御堂があるそうですわ。
摩利支天さんの猪。


歯並びはっきりしてる奴。
ほかにも猪グッズなどがたくさんある。
御所の近くの護王神社も猪まみれだが、あっちは和気清麻呂を導いた霊猪を祀ってたのだったかな。
もうはや椿らしき花も咲いていた。サザンカかもしれないが。

ふと塀越しに見えた医院。上の階の方が古い。



そこから松原通をあるいて、幽霊飴のところにきた。
六道の辻に迷うなよ、という言葉を思い出すが、久しぶりに来たのと工事中のところがあるのとで六波羅蜜寺を越えたのに、六道珍皇寺にたどり着けない。
これはわたしのスマホのMAPがくたばっているのもあって、記憶だけで歩いているからだった。

ようやくたどりつく。
寺宝の十界図や十王図などをみる。久しぶりですわ。




行っていた井戸の深さはわからない。シダが咲いていた。
そして帰ってきたときの井戸を今回初めて見た。

ところでこの時間帯位からだんだん具合が悪くなってきた。
それで今度は建仁寺を通り過ぎながらイタタタタなのだった。

鮒鶴の横を通る。いっときリバー・オリエンタルだったが、わたしはその前の鮒鶴の方が好きで、今の鮒鶴は行ったこともない。
鶴清は以前にいったなあ。

具合が悪いまま京都市学校歴史博物館にゆくと、運動会の最中で、麩屋町に回れとある。
ああ、具合悪い時になんてこったい。



ご近所さんね。

しかしここで時間をかけたおかげでだいぶ具合もよくなった。
いい展示も見たし、機嫌はいいが、三時半になってしまった。
本当はもっと早くに浜大津に行く予定だった。
大津祭が見たかったのだ。
行きたいうどん屋もあきらめて、とりあえずサイゼリアに入り、イタリアの地震支援のパスタを食べる。
ここでぐったりしてしまい、とうとう大津はあきらめた。

四時半になりやっと店を出てうろうろしてから高島屋。






うん、やっぱり来たよかった。
しかしまた体調が悪くなってきた。

どうも普段いかないところに行くと具合がわるくなるらしい…
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア