美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

ゴッホとゴーギャン展

東京都美術館のゴッホとゴーギャン展に行った。
近年どういうわけかあまり西洋絵画に対して、なんらかのアプローチを試みることができにくくなりつつある。理由はわからない。
だが、それでも「ゴッホとゴーギャン」の関係性は魅力的なので、いそいそと出向いた。
イメージ (10)
ゴッホの手紙が何かを期待させてくれる…!

数多くのゴッホ展、ゴーギャン展を見てきたが、この二人を主軸として採り上げた展覧会は今まで見ていないと思う。
互いの才能を認め合い、称え合う気持ち、その後のアルルでの共同生活、悲劇的な破綻、そしてゴッホの自死、ゴーギャンの旅立ち。
思えばこの二人の生涯の接触期間は、人生においてそう長期間でもない。
だが、互いに深い傷みを伴う関係だと自覚していたのは確かだろうし、それが生涯を貫く痛みともなっているようにも思われる。
ゴッホの死後にゴーギャンは彼を悼む直接的な物言いではない言い方で彼を評しているが、それは決してゴッホを批判・非難するものでもなかった。
そしてゴーギャンはゴッホがなくなるまでずっと文通を続けていた。
イメージ (30)

展示は二人をクローズアップするために、彼らの周囲の画家、私淑した(とも言いかねるが)画家の絵なども展示されていた。
それらを純粋に楽しむことはやめて、資料をとして眺めると、これまでとは異なる方向性が見えてきたようにも思えた。

ミレー、コロー、ルソーといった彼らより少し前の時代の画家の絵、ピサロ、モネら新しい絵画を世に送った画家の絵。
彼らと並んで壁にかかるゴッホの絵は、原色を強く塗り込んだもので、キモチが落ち着かない。
かといって煽られているわけでもない。
「フィンセント・ファン・ゴッホの修業時代」だと思いながら見ている。
ではゲーテに倣うとして「遍歴時代」はあるのかといえば、それは次の章だと言える。

イメージ (31)

第2章 新しい絵画、新たな刺激と仲間との出会い
ここではシャヴァンヌ、ロートレック、モンティセリの作品と共にゴッホ、ゴーギャンの絵が並んでいる。
作品を単品として楽しむのではなく、この「ゴッホとゴーギャン展」を構成する世界の一部として、絵を見ている。そのことが妙に楽しい。
現れる画家の作風の違いも風の揺らぎのように感じてしまうのは、果たしていいことかどうかは措いても、観客であるわたしがこの展覧会に入り込んでいる証なのかもしれない。

1888年、とうとう二人の共同生活がアルルで始まってしまった。
作品はそれぞれ豊かな様相をみせている。
この時期、ゴーギャンの絵の方が好きだ、などと思いながら見て歩くうち、ついに破綻が来たことを知る。
何があったのか、何がゴッホに発作を起こさせたのかは、本当のところは本人たちですらわからないのではないか。
森村泰昌の扮したゴッホの耳のない自画像を思い出しながら絵をみる。

映像を少しばかり見る。
これまではゴッホ=可哀想、ゴーギャン=なんとなく憎たらしい、そんなイメージがあったのだが、ゴーギャンも気の毒だと今回初めて思った。
ゴッホからの難儀な「アプローチ」にゴーギャンも本当にびっくりしたろうなと思うようになったのだ。

イメージ (26)

病院に入ってからのゴッホの絵が好きだ。
特に病院の窓から見える風景を描いたものが好きだが、あいにくここにはなかった。
そしてゴッホの死んだあと、タヒチに行ったゴーギャンの絵はやはり良かった。

イメージ (11)

個別に何か感想を挙げないでいようかと今回は思ったが、それでもやはりいくつか挙げたい。順不同である。

ゴーギャン ハム どーんとハムがある。皿に乗っている。スゴイ存在感がある。テーブルの7割を占めるハム。プチ玉ねぎがコロコロ転がるのも気にせず、ハムがそこにある。
こうなるとゴーギャンがハムを描いているのか、ハムが自己の肖像をゴーギャンに描かせているのかわからないくらいの力強さがハムに具わっているのを知る。

ゴッホ グラスにいけた花咲くアーモンドの小枝  アーモンドの花は桜に似ていて、桜より大きい。これは実見しているから確実な話。そのアーモンドの花の枝をチョキンと切ったのをグラスにさしている。画面での花の位置、背後との関係性、一目で浮世絵風だとわかる。それも広重。そういえばゴッホは広重の絵をよく引用したが、かれは他の絵師の絵よりも広重が気に入っていたのだったか。

ゴッホ カミーユ・ルーランの肖像 近所の少年で、これがゴッホの人物画と思えないほど愛らしい。少し上目づかいで可愛い。
ゴッホはこの子だけではなく、少年自体が好ましかったのかもしれない。

ゴーギャン 紡ぐブルターニュの少女 エジプト壁画のような手足の構成、体の向き。
空から来る天使、犬もいる。錘、これが煙草の煙のようにも見えた。または立ちんぼの少女にも見える。

それにしてもやはりゴーギャンのタヒチの女はいい。チョコレート色の肌の女たちは、何を考えているのかわからないままだ。
イメージ (29)

ゴーギャン 肘掛椅子のヒマワリ 象徴的なモチーフ。椅子に座るヒマワリ。
狂ってしまった男を想って描いたと言われている。とてもとても、せつない。
奥にかかる絵には水遊びする女たちとボートが描かれている。そこに何らかの比喩をみることはやめる。

イメージ (27)

この二点の作品についてはこの展覧会で見ることがかなってよかったと思う。
ゴッホ 収穫
ゴーギャン ブドウの収穫、人間の悲惨
それぞれの「最高傑作」と認めた、という絵。

歓喜と絶望とそれから何かが共同生活にあり、それが沸点に達した時に事件は起こったのだろうが、それでも二人がこうした絵をその時期に描いたのは象徴的だと思う。

12/18まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア