美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

野々村仁清とその時代

香雪美術館の秋から冬の特別展は「野々村仁清とその時代」だった。
丁度「御影アートマンス」の期間に行き、スタンプラリーにも参加して、楽しい気持ちになった。

仁清のやきものは多くの人に愛されていて、今日もその多くが伝わっている。
仕事も多かったが、そうして生き残り続けるのは嬉しい限りだ。

イメージ (68)

並べ方にもとても工夫がなされている。
まず三つの茶碗がある。
色絵武蔵野文茶碗 湯木美術館 
色絵鱗波文茶碗 北村美術館 
色絵忍草絵茶碗
鱗波と忍草は兎斑白釉。いずれも魅力的な茶碗で手の込んだ構成となっている。
武蔵野は呉器手と言うていたそうだ。忍草の箱は金森宗和、前田家伝来。

白釉茶碗 銘「更夜衣」 さやごろも、と言う。夜着という意味らしい。

色絵桜雀文茶碗  これは特によかった。二羽の雀が来た。桜の下にいる。
薄紫に金に黒っぽい青で雀が表現されている。とても愛らしい。

仁清の色彩感覚は京焼の範疇にありながらも軽やかな飛翔を見せている、と思う。
が、彼の彩色は金森宗和亡き後からのもので、彼が存命の頃はシックな色合いばかりだった。

灰釉刷毛目天目茶碗
鉄釉天目茶碗
これらはシックな方の名品。ちょっとジミめすぎる感じもある。
いや、単に嗜好の問題か。

焼締亀絵水指  見込みに金色のガメラ発見。金の使い方が綺麗。蒔絵。甲羅も素敵。
加賀の本多家伝来。当時、宗和の息子が加賀に出仕していたのでその関係か。

金襴手四方水指  蓋は七宝繋、四面にそれぞれ中国の高士などが描かれている。
滝を見る李白、林和靖と梅、布袋と唐子、奥のは陶淵明と菊。
それぞれの画題は日本人になじみ深いものばかり。

白鉄釉掛分冠形水指  全体の形が唐冠ぽいからだとか。両サイドに突き出る。「トウカムリ」と読む。中国のそれではなく、日本の兜の一種。曼殊院伝来。箱は宗和。

白釉獅子鈕蓋砂金袋水指 湯木美術館  抓みにいる獅子が「ワテがこの砂金袋の見張りだス」とか言うてそうである。

白緑釉掛分水指  この掛け分け、九州の上野焼(アガノ・ヤキ)、高取焼の技術を採用したそうな。灰釉と鉄釉と銅線も使ってるのか。

鉄釉耳付水指  こちらもシブイな。若いうちはシック、晩年はカラフルというのも素敵。
マカロニを二つ並べたような。

イメージ (69)

鴨香炉  香炉の孔部分が悪魔顔!でもファンキーでいい。胴は銹絵。
仁清の鳥の可愛さというのは、もう本当に堪えられないな。鳥がニガテのわたしも可愛く思う。

小さくて可愛いものが集まる。
色絵諫鼓鳥香炉  上にいるトコヨノナガナキドリはたいへんニガテなのだが、この東天紅はやね、泰平の印らしい。

色絵菊文香炉  みっしりと菊。タジン鍋のような外面が可愛い。

色絵丸文茶器 湯木美術館  もう本当にこれぞ仁清、という感じがある。紗綾形の地にカタバミが12個順序良く並ぶ。

色絵桜文香炉  火屋は亀甲。桜が満ち満ちている。

古瀬戸 茶入  斑になる。茶箱に収められていた1つ。

朝顔 割蓋茶器  真ん中で割れる。小さな朝顔の花と蔓とが少々。

鱗香合  色がとても綺麗。ほしいと思ったのはこれ。
イメージ (70)

色絵扇面文瓢形香合 北村美術館  これも可愛いなあ。
色絵羽子板香合 左義長のあれ。トント。中は青緑。
色絵玉章香合 結び文型。
銹絵糸瓜香合 長く伸びて蔓と葉とが。
他にも本当に可愛いものばかり。

尺八形掛花入  焼き締めた力強いもの。

色絵吉野山図色紙皿  金霞の吉野の桜。塔もあり本堂ものぞく。

桜花文透鉢  けっこう大きいな。ハート形の花びらが舞う。この八の下に紫の布を置くと影を映して綺麗だった。

長谷川等伯 柳橋水車図屏風   柳が少しずつ季節により様子を変えてゆく。モフモフからサラサラへと。春から夏への変化。こうしたところに気を遣う美しい意識。

松花堂昭乗 天神図  頭巾かぶって横向きの姿。

狩野常信 鴨図  この鴨はおとなしそう。鴨ップル。

古清水 佐野渡し香炉  意外に大きい。貴人が袖で顔を隠す情景を再現。少年も可愛い。そして煙が出るのは貴人の袖からという遊び心がいい。

青磁 獅子蓋 燗鍋  口蓋に獅子らしきものが。

本阿弥空中 信楽水指  うーん、たとえが変なのだがゴーレムのようだとしか言いようがない。

尾形光琳・尾形乾山 枯芦小禽図 額皿  可愛く出来ている。

仁清から学習した乾山の佳いのが並ぶ。

銹絵染付雪笹文食籠  ぼってとした楕円形がいくつも。

色絵絵替向付  呉紅葉、地僻、雖小天 などの文字がある。

銹絵染付寿字向付、絵高麗写銹絵花卉文向付も面白い。

尾形乾山 銹絵染付菊花文、葉文 汁次(対)  これはいずれも可愛らしい。
それぞれの違いを際立たせている。いいなーいいなー。

尾形光琳 刈田群鶴図蒔絵硯箱  7羽の鶴のダンス。ステキだ。うねるうねる畔畔…畔黒というそうな。

小川破笠 葵祭茶箱  これまたよく出来たもの。螺鈿が無造作に、ハート形の葵が可愛い。

写しを見る。
永楽正全 仁清写 吉野山図色紙皿  にやら賢そうになって。
永楽妙全 仁清写 柳橋水車図皆具  この絵のセットものは可愛いな。

光琳好 蒔絵螺鈿山吹雪吹  面取りした上にまた吹き墨などをして、と手が込んでいる。

現在は後期展示だが、本当に良いものばかり見てキモチ良くなった。
やはりよいのう…
12/22まで。

関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア