美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 **自宅でログイン出来ないので、現在「遊行七恵、道を尋ねて何かに出会う」で感想を挙げています。

さかい利晶の杜でみたもの その2

二階は与謝野晶子の文学館。
これは以前JRの方にあったミュシャ館と一緒だったのを持ってきたそうです。

明治から戦前の美麗な装幀を大いに楽しむ。
IMGP0086_201703221705394dd.jpg
武二のイルカ。今の日本の可愛いイルカやなくて洋風の海豚なイルカ。
武二は「明星」との関係も深く、晶子作品でも大いにイメージ向上の仕事をしている。

IMGP0087_20170322170540e8b.jpg
艶めかしい…

IMGP0088_201703221705414c1.jpg
橋口五葉登場。
彼の装幀も本当に良いものが多い。「吾輩は猫である」も鏡花の本のいくつかも「胡蝶本」もみんな彼。

IMGP0089_20170322170543325.jpg
シンプルで綺麗。

IMGP0090_20170322170544909.jpg

晶子の本の装幀は中澤弘光も多い。
IMGP0091_20170322170546994.jpg

IMGP0092_20170322170547035.jpg
椿が愛らしくて仕方ない。

IMGP0093_20170322170549884.jpg
古典ものはその雰囲気を装幀から露わにして導く。

IMGP0094_20170322170550d67.jpg

IMGP0095_20170322170552ec2.jpg
なも、あみだ、ほとけ

IMGP0096_20170322170553aad.jpg

IMGP0097_201703221705552a3.jpg

IMGP0098_20170322170557c4a.jpg

本の装幀は衣裳と同じだと思う。
かつての美意識は今も心地よい。

IMGP0100_201703221705597f8.jpg
パネル展示だが、夢二の童画が可愛い。

生家・駿河屋の店先が再現されている。
IMGP0099_20170322170558657.jpg

引き札もある。
IMGP0101_201703221706014ad.jpg

IMGP0102_20170322170602435.jpg
けっこう色んなお菓子を拵えていたようだ。

他にも晶子のリュクサンブール公園の洋画や使っていた鏡台、着物などの展示がある。
この展示で晶子への関心が生まれた方々はぜひともここへ行かれたら、と思っている。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア