美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

梅美人酒造を見学する

水とお米のいいところではええお酒ができるものです。
しかし、日本酒は不遇の時代が長く続き、やめてしまった酒蔵も多いわけです。

わたしの勤務先は社長は交代制なので様々な人が来たけれど、数代前のある方は、綾部辺りの造り酒屋の息子さんだという話だった。
「ぼんぼんでも後継がなかったのですか」と尋ねると一言、
「333で何もかもダメになって、廃業したんだよ」
333という言葉の意味は通じた。
つまり、社長のところは島原にお酒を納入していたのだが、法令が施行されて得意先の廃業が広がり、売り先を失くした結果、やめてしまったということだった。
色々と納得した。

さて、今回お訪ねした「梅美人酒造」さんは去年2016年、創業百年を迎えたそうだ。
おめでたい話だが、お話を伺い、ここも苦労をされたことを知った。
会社のコンセプトは以下の通り。

「少量手造りで心を込めて、お客様に永くご愛飲いただけます様に、社員一同真剣に取り組んでおります。
梅美人の酒は、緑深い四国の清らかな水と、伊予南予の明るくおおらかでキップの良い風土から生まれた清酒です。是非お付き合い頂きます様お願い申し上げます。」


ちょっとばかり試飲させていただいたが、舌の上に綺麗な水が載る、その感覚が爽やかだった。

IMGP0147_20170502125603120.jpg
八幡浜の梅美人へ向かうわたしたち一行の目に素敵な煙突が見えてきた。
煉瓦で拵えられているのか、いい色をしている。
あれは日本の伝統色の名称とは違うが、工業用の色の名称で言う所の梅鼠色、NO.26番、そんな色に見えた。
どういう色かというとこちらにある。
仕事柄こういう捉え方をしてしまうが、わたし個人は「なるほど『梅美人』だけあるなあ」と納得がいく。

IMGP0148_20170502125604eeb.jpg

正面へ回る。
IMGP0149_20170502125606d4b.jpg
どう見ても洋館である。
しかし後に説明を受けてびっくりしたが、実はこれは石でもタイルでも煉瓦でもなく、木造なのだそうだ。

煙突を見上げる。
IMGP0152_20170502125648cc0.jpg

お邪魔します。
IMGP0150_201705021256079ff.jpg

IMGP0151_20170502125647898.jpg




IMGP0153_20170502125649c4e.jpg

IMGP0154_2017050212565147f.jpg




いい匂いがする。

IMGP0155_20170502125652f1a.jpg

IMGP0156_2017050212565406c.jpg

洋館の方へ上がらせていただく。
IMGP0157_20170502125655387.jpg

こちらで宴会もよく開かれたそう。和の空間の良さを堪能する。
IMGP0158_20170502125657eab.jpg

IMGP0161_201705021257013b1.jpg

IMGP0162_20170502125703bf9.jpg

IMGP0163_2017050212570461e.jpg

IMGP0164_201705021257065c3.jpg

IMGP0165_20170502125707a11.jpg

立派なお皿も残る。宴席ではさぞや。
IMGP0159_20170502125659ebf.jpg

IMGP0160_201705021257004a1.jpg

IMGP0168_201705021257126cc.jpg

IMGP0169_20170502125714083.jpg

窓から見る風景
IMGP0166_20170502125709fdc.jpg

IMGP0167_2017050212571091e.jpg
菊水。
梅波というのも見たいものだ。

階下へ。
IMGP0172_20170502125951c35.jpg

IMGP0171_20170502125950551.jpg

ここで試飲。お買い物なども。



いい感じやなあ。
なお「梅美人酒造」のサイトはこちら

再び外観を拝見。
IMGP0173_20170502125952299.jpg

IMGP0174_20170502125954c10.jpg

IMGP0175_20170502125955720.jpg

きもちのよいところでした。ありがとうございます。
化粧水もある、というのが素敵だ。
今度はぜひ…

関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア