美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

悲しき烏丸御池界隈

全体が悲しい町ではない。
にぎやかで結構な場所である。
ちょっと歩いたら日銀をリノベして繁盛している京都文化博物館もあるし、現役のレトロな中京区の郵便局もある。
老舗の和菓子屋さんも柚子味噌屋さんも達者でまことにめでたい。

では何が「悲しい」のか。
これだ。
平楽寺書店。
もう失われてしまうのだ…
KIMG3041.jpg

近づいて何か書いてあるのを読む。
淋しいなあ…
KIMG3042.jpg

KIMG3040.jpg

あ、あ、ああ…
KIMG3038.jpg

しょんぼり。

更に商業施設としては終わってしまった新風館へ。
KIMG3039.jpg

昔の三条電話局
KIMG3044.jpg

KIMG3043.jpg

これからどうなるのかなあ。

この日は写真の展覧会が開催されていた。
KIMG3045.jpg

KIMG3046.jpg

そういえば商業施設が入っていた頃はなんとなく入りづらくて一度もいかなかったな。
そぉか、潜在的に避けてた客がいたから今日の仕儀に相成り申したか。

KIMG3047.jpg

窓回りの煉瓦も工夫を凝らしていたなあ。
KIMG3048.jpg

KIMG3049.jpg

悲しみを共有してくれる人も少なからずおられることを知りつつも、やっぱり淋しいのだった。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア