美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

ウォルター・クレイン展に溺れる その2

ウォルター・クレインは絵本製作だけでなく挿絵本でもよい仕事をしている。

・初期の児童文学の挿絵
『ギャッブ王のお話袋』 ヘラクライタス・グレイ 1869年 木口木版  話術でのし上がる・成り上がる王様のお話。くっきりした線の頃。
『フィオリモンド姫』 メアリー・ド・モーガン 1880年 木口木版  求婚者たちを首飾りの珠にする怖いお姫様。
『城の子どもたち』 モルズワース夫人 1890年 木口木版  ちょっとばかりおどろな雰囲気。
『四方の風農場』 モルズワース夫人 1886年 木口木版  ラファエル前派の影響が大変強い絵。
これは国会図書館デジタルコレクションで見ることが可能。

なお国際子ども図書館の「ヴィクトリア朝の子どもの本」というサイトは素晴らしく充実しており、今回調べものをしていてしばしばそこにたどり着き、大いに助けられた。
まことにありがたいことです。
サイトはこちら

・ 「幼子」3部作と『パンの笛』 エヴァンズとともに
『幼子のオペラ』 歌曲編纂:ルーシー・クレイン 1877年 木口木版、多色刷 現在も復刻されて販売が続いている人気本だそう。
シンプルで可愛らしい。
チェロを弾く黒猫、鳥を噛む猫などもいる。
イメージ (347)

『幼子の花束』 歌曲編纂:ルーシー・クレイン 1878年 木口木版、多色刷  蝶が一匹舞う。天使から花束を貰う女がいる。そしてその家のタイルは猫柄。可愛い。

『幼子のイソップ』 1887年(制作1886年) 木口木版、多色刷   坊やがゲジ柄猫を抱っこ。「お話お聞きよ!」のところかな。

『ウォルター・クレインのぬり絵本』 1889年 木口木版、多色刷  イメージ (356)
坊やはゲジ柄猫を抱えているが、その周囲にはたくさんのどうぶつたちが。

・子どもの本のデザイン
富裕層向けの本があった。
そして1880年代以降は画風もかなり変わり、背景に余白を入れるようになった。
そのシンプルさも悪くはない。

『三つのRの物語』 ウォルター・クレイン 1886年 リトグラフ、多色刷  大きなキジネコと一緒にいる少年、大ぼらを吹く。
けっこう楽しい展開。

アメリカに行ったクレインはフロリダの明るさに影響されたそう。

・白と黒の世界 挿絵本の傑作
『ヘラスのこだま-ホメロスによるトロイとアイスキュロスのオレステス物語』英訳・序文・ソネット:ジョージ・C・ウォー作曲:マルカム・ローソン、ウォルター・パラット他 1887年 1887年 リトグラフ、2色刷(赤・黒)  大人向けのオデュッセイア。劇にはレイトン、ワッツらも加わっていたそうな。

シェイクスピアの戯曲の挿絵も。
『テンペスト』(8点組) ウィリアム・シェイクスピア 1893年 ダラスタイプ・プレスNo.5
『ヴェローナの二紳士』(8点組) ウィリアム・シェイクスピア 1894年 1894年 ダラスタイプ・プレスNo.5
『ウィンザーの陽気な女房たち』 ウィリアム・シェイクスピア 1894年 1894年 ダラスタイプ・プレスNo.5
少し異なる印刷。とてもややこしい方法だという。
ふち飾り付き。モノクロの細かい挿絵。

以前にモリサワさんで見た物凄いのがあった。
『妖精女王』全6巻  エドマンド・スペンサー編集:トーマス・J・ワイズ1897年(制作および分冊による刊行:1894-96年)木口木版
とんでもなく綺麗な本。とにかくすごかった。
イメージ (346)

『羊飼いの暦』 エドマンド・スペンサー 1898年 木口木版 モノクロでここまでやられるともう…

晩年は濃厚な緻密さはなくなり、背景も余白を愉しむようになった。
これはもうファンとしては好みの問題。
『フローラの饗宴』 ウォルター・クレイン 1889年/1895年(第2版)1889年 リトグラフ、多色刷
イメージ (344)
可愛らしい花の妖精たちがずらーり

晩年までクレインはとてもよい仕事を残し続けた。
絵の教育書もあり、また家庭内の手製絵本もある優しい人だった。
そしてモリスらとであったことで社会主義の普及活動にもいそしんだのだった。

『美しい家』口絵「奥方の部屋」:ウォルター・クレイン クラレンス・クック 1881年(第2版)
14021805.jpg
これは以前に二度ばかり展覧会で見ている。

最後に彼が愛した本が参考として出ていた。
『伝神開手 北斎漫画』初編〜十四編(14冊)
『楳嶺百鳥画譜』天・地・人(3冊)
『省亭花鳥画譜』(3冊)
なんとなく納得も行く。

最後まで本当に素晴らしい世界だった。

5/28まで。

関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア