美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

萬翠荘を行く その5

いよいよラスト。
本当に素晴らしい建物。
アンコールを含めて。

細部の良さと照明とを楽しむ。
IMGP0306_201706021257086c3.jpg

IMGP0307_201706021257095ad.jpg

IMGP0308_20170602125710735.jpg

IMGP0309_20170602125712e75.jpg

IMGP0310_20170602125714f90.jpg

IMGP0311_2017060212571647d.jpg

IMGP0312_20170602125717bf6.jpg

IMGP0313_20170602125719ab5.jpg

IMGP0314_2017060212572084e.jpg

IMGP0315_201706021258043f6.jpg

この日もそうだが、市民のカルチャー活動にも使われていて、生きた建物だということを強く感じる。
この日は特に薔薇をモチーフにした個人創作品がたくさん飾られていたので、より優雅さが増していた。

窓から見える外観もいい。
IMGP0316_2017060212580746f.jpg

まだ見なかったステンドグラスもある。
IMGP0317_20170602125809c90.jpg

この洋館の主・久松定謨氏は数度にわたり渡仏した。
フランスの想い出がこの建物を造らせたのだろう。
素晴らしい。
渡仏には秋山好古もつき、かの地で騎兵戦術の習得に努めた。
そして好古は後年「日本騎兵の父」と謳われる。
わたしの中ではあくまでも司馬サンの「坂の上の雲」での秋山兄弟が活きている。

IMGP0320_2017060212581322e.jpg

室内の最後にもう一度あのステンドグラスを。
IMGP0319_201706021611327d4.jpg

IMGP0318_20170602125809711.jpg

わたしがこれまで見た大型ステンドグラスの中でも特にすばらしいものの一つだと思う。

IMGP0321_20170602125813ed2.jpg

では外観を。
IMGP0322_20170602125814e8a.jpg

IMGP0325_201706021258195f7.jpg

IMGP0328_201706021258230d4.jpg

IMGP0326_201706021258203e2.jpg

IMGP0324_2017060212581857e.jpg

IMGP0329_20170602125825bc9.jpg

IMGP0330_20170602125826333.jpg

IMGP0327_201706021258220c6.jpg

IMGP0323_20170602125816d4c.jpg

IMGP0332_2017060212582913e.jpg

またいつか訪ねたい。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア