美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

梅雨なのでカエル。

空梅雨だと言われていたが、今日はもうたいへん雨。
梅雨前線働きすぎ。
ところで過ぎてしまったが、6月6日は「カエルの日」らしい。

カエルと言えばわたしはやっぱりこの1954年のソ連アニメーション「カエルになったお姫様」がベスト。

冷戦下ではあるが、初期のディズニー映画の影響を受けた作品で、その作画の美しさには息をのむ。
背景や小道具などの美麗さは帝政末期のイワン・ビリービンを思わせもする。

こちらは先般感想を挙げたウォルター・クレインの「カエルの王子様」
イメージ (355)

本人が不本意なままにカエルにされる、という話は少なくない。
アンデルセン「沼の王の娘」もそうだ。
エジプトの王女が悪計により沼に沈められ、その沼の王の子どもを産む。
子どもは昼間は可愛らしい姿をしているが心は悪く、夜はカエルになるが、心は綺麗だという。
とても好きな物語だった。

カエルと言えば河鍋暁斎が大好きで、たくさんカエルの絵を残している。
16041202.jpg
カエルの大名行列
ほかにもカエルの相撲大会などもある。

渡辺南岳 殿様蛙行列図屏風  こちらも同じく。
17062001.jpg17062002.jpg

そうそう宮沢賢治「カイロ団長」もカエルの話だったな。

カエルの絵本も数あるが、馬場のぼる「いまはむかし さかえるかえるのものがたり」は面白かった。
17062003.jpg
松岡享子さんの言葉遊びがよく、馬場さんの絵と相俟って面白くてならない絵本に仕上がっている。

若冲の面壁九年なカエルもいい。
img963.jpg

わが国には二大カエルがいる。
一は藤城清治の生み出したケロヨン。
おとなになって、教文館で展覧会見るまで、ケロヨンが藤城さんの生み出したキャラだとは思いもしなかった。
びっくりしたなあ。
ケロヨンと友達のモグラのモグちゃんのハグ
20141012202420168.jpg

一は平面カエルのピョン吉。ど根性ガエルにはびっくりしたなあ。
17062004.jpg
わたしはアニメの方しか知らなくて、マンガを読んだのは宝島社が刊行した「いきなり最終回」あれなのだよな。
人情もので面白かったわ。
今も人気あるものな。

やっぱりカエルはなんとなく可愛いな。

あっガマをハブしてた。
ここはやっぱり児雷也、天竺徳兵衛らの蝦蟇を挙げないとな。
17062101.jpg
国芳には「がま手本ひょうきん蔵」という忠臣蔵のパロディもあります。

あと蝦蟇と言えば「仮面の忍者赤影」の金目教。これに帰依しない村人たちを巨大蝦蟇が襲う。
その蝦蟇は甲賀幻妖斎のあやつる蝦蟇なんだけど、ええ動きしてたなあ。

というわけでカエルはおしまい。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア