美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

八月の東京ハイカイ録

金・土・日と都内に潜伏しておりました。
まず損保・・・美術館に出向く。
ようやく吉田博展をみる。千葉市美術館でじっくり見たがここでも堪能。
朝イチでもかなりの繁盛。
メモを書いたが、その後に以前の千葉市美での感想を読み直すと、ほぼというか全く同じ感想を挙げていた。
これはもう新規に感想を挙げる必要はないので、改めて「ええものをみた」という喜びだけで満たされたことを記そう。
それにしてもやはり木版画がベストで、特にアジアのそれが素晴らしい。スケッチのゾウさんもいい。

大江戸線へ向かう前にビルの地下で冷麺を食べる。いわゆる冷やし中華。わるくはないが思い出せない味やな。

練馬から西武線に乗り換えて中村橋。
練馬区美術館では藤島武二展。
だいぶ前のブリヂストン美術館以来の懐古展で、初期のアールヌーヴォー風イラスト、表紙絵、美人画がたくさんあって嬉しい。
わたしは武二は人物画がいいんだが風景画の良さを言われてもよくわからんなと常々思っていたが、今回やっぱりいいのかどうかよくわからなかった。

今度は新木場行きで飯田橋乗り換えの六本木一丁目。ホテルオークラ。
時間の都合か会場を独占してしまった。
美人画を堪能。けっこう楽しんだよ。
大好き。
いいものを見たなあ。

三井は夏の金曜なので開館時間が延びている。地獄絵ワンダーランド展。
最初に水木しげる「のんのんばあ」と幼い水木サンによる地獄巡りの様々な絵が出るのはよかった。
最後に木喰の十王がぞろっといるのも好ましい。

三越のヨックモックでお茶したかったけど、都合で三井ビルの下で大阪風讃岐うどんとやらを食べてから上野へ。

東京都美術館でボストン美術館展。
古代エジプト、中国絵画、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画の五本柱。
いい作品が来てたが、コレクターをもっと前面に出した方がよかったのに。
「絵巻マニア列伝」風にとか。

さすがにここで時間切れ。東博はあきらめそのまま東京駅へ。
定宿につくと、たまたまわたしの誕生日と同じルームナンバー。
顔なじみのフロントさんに拍手されましたわ。
初日ここまで。

二日目土曜日。
早めに出て上野御徒町からうさぎやCAFEへ。
九時前から並んで一度目で中へ入れましてどらやきのパンケーキをいただきました。


黒塗りに朱文字で「うさぎや」と書かれた桶が来て、いよいよどらやきパンケーキとご対面。おいしかったわー。
朝のイベントとして楽しかった。

不忍池の蓮が素晴らしい。
今夏は喜光寺、山が池と見てきたが、ここがベストだな。



春日経由で目黒へ。
目黒区美術館で北欧やドイツの木のおもちゃ展をみる。
これは有馬温泉の博物館で見たのと同じものが多いのだが、更に系統とかそんなのがわかってよかった。
ただし触れない鬱屈が折々に生じる。

がんばって坂を上り、今度は太田へ。
芳年の妖怪絵を集めたのを見る。
これは摺りのいいのが多くてきれいだった。
好きなシリーズが全編みれたのは嬉しい。

そのまま日吉に出て乗り継いでセンター北へ。外へ出たら都筑阪急がどーん!!ここがか、とはっとなる。
そしてこの辺りの住民が横浜都民と呼ばれるのもなんとなく納得した。
パブリックイメージの「横浜」とは全く異なるし、阪急があるせいか町の雰囲気も川西、西宮に近いように思われた。
阪急の地下のイートスペースで食べたが、接客の明るさも感じよかった。

初めて横浜歴史博物館へ。
ここでも芳年をみる。今休館中の神奈川歴史博物館の所蔵品から。
太田のとダブる作品も多いが初見もあり、特に歴史画は知らないものが多かった。

中山から乗り換えて八王子へ向かったが、これがわたしの判断ミスというか巡り合わせというか、八王子祭りの直中に行ってしもたのだ。ひえーーーー
バスも迂回してるが、それでも分かりやすい位置に停車したので無事に夢美術館への道へゆけた。
八王子祭りには山車が出る。



夢美術館、今年はぐるパスに参加できなかったそうな。来年はまた参加したいと言う。
ここでは「こえだちゃんと木のおうち」をみる。すごいな。
最後は遊べるので嬉しい。一部撮影可能。



お祭りを見ながら人波にもまれ倒し、駅に着いたらもう七時。ああ、あかんの。
サイゼリアでごはん食べた。
車内で淀川花火と江戸川花火のツイートを見てガクッ
淀川花火は覚悟であきらめてたけど、江戸川花火は忘れてた。去年はみれたがなあ。
まあ今回はお祭りを見たということで。
・・・この沿線のさる黒湯のお風呂屋さんに行く予定だったがやめる。
二日目おわり。

さて日曜日。
東京駅に荷物を放り込んでまず町屋へ。
花まみれの都電駅周りを見てから京成に乗り千住大橋へ。
石洞美術館では「石洞動物園」開園中。
これもとても楽しかった。古今東西のやきものなどで動物園している。楽しいなあ。
こういうのが好きなのさ。

石洞美術館が開館した頃に比べると本当に町が変わった。
まだまだ開発途中だわな。
王将で天津飯を食べたが、エビとキクラゲがよかった。

北千住、南千住で少年ジャンプのスタンプラリーに参加。シールももらう。
上野でようやく東博へ。タイ展。いいものを見たが、もっと人気が出たらよいのになあとも思う。

秋葉原でもスタンプを押し、日比谷で出光美術館へ。
仏教美術をみる。
「源信 地獄・極楽への扉」「地獄絵ワンダーランド」と見てきてここで〆。
いい順で見たと思う。

有楽町から永田町、月島、新富町、銀座一丁目とスタンプを押して回り、銀座で地上へ出た。祭りの最中。楽しそうだが時間がないので参加せず。

最後は汐留ミュージアムで深澤直人展をみる。シンプルでかっこいいデザイン。

新幹線ではのんびり。



翌日の月曜は八月七日、そう、わたしの誕生日。ツイッターを通じて多くの方からお祝いをされて嬉しかった。
台風でたいへんな一日ではあったが、今回はわたしは完全休養の一日を過ごし、ハイカイの疲労をいやし、なにをしてたか披露する。
ではまた来月ね。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア