FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

天理図書館 古典の至宝 後期

天理参考館特別展「天理図書館 古典の至宝」展の第三期に参りました。
通期券は200円ほど安いのだけど、完全に行けるかどうかわからなかったので、まぁええかで来たけれど、それでも安価でこんなスゴイのを見てもいいのかと。
さすが天理図書館としか言いようがないね。
感想も1と2それぞれ挙げてます。
その1
その2

日本書紀神代巻 乾元本・下 1303 卜部兼夏筆  「天稚彦」の話辺りが出ていた。  
ここらのを読むと安彦良和「神武」を思い出すのよね。アジシキタカヒコネノカミと似ていて云々なのだけど、安彦作品では憤りに理屈を入れてた。
死者に似てると言われての憤りではない理由を。
イメージ (463)

古語拾遺 暦仁本 1328 寛英筆  「畜産療病」という一語が見えたよ。色んなことを記した辞書でもあるし。

面白いのは次。
石清水八幡宮権別当田中宗清願文案 1223 定家筆  定家の字だから読みづらいけど、これがかなり面白い。別当になりたい・させてと言う願文の下書きで、中に「あるまじきまひなひに及ぶ」とある。まひなひ=まいない=賄賂。
読んでて「おっ!」と思ったよ。
まあ一つでも位が上がれば・・・
「縁にふれてあるまじきまひなひに及ぶ 神意をあふくともから むしろ・・・
濫望をとどめて」

三宝類字集 高山寺本 鎌倉初期写  女偏の字を集めました。今ではないような字もあった。読み仮名もある。音訓漢和辞書。

作文大躰 観智院本 鎌倉中期写  作文のノウハウ本。うむ、今でもあるよな。わたしなんぞは大方これでゆくと落第や。

今回の源氏物語は「御法」「若菜上」「朝顔」。

奈良絵本を見る。
去年の奈良絵本展、良かったなあ。
当時の感想はこちら

大方は出ていたのだが、三期共に前回出なかったのを見たいがために来たのですよ・。・

いはやものがたり 室町末期写  継母に殺されかける対屋姫。舟から溺死されそうなのを憐れんだ夫婦が岩屋にかくまう。
絵は屋形舟が明石に向かう所。
後に二位の中将に見出され妻に迎えられる。
素朴な絵柄だが大きく描いていていい。
立ち話する海人夫婦の会話も書き込まれ、姫が中将の下僕の背に負われる様子が描かれる。

熊野の本地 室町末期写  ついに王と妃と王子と僧が天竺を見捨てて、多数の猿をお供に日本へ飛び立つシーン。これは去年も出ていた。
いい絵だなあ。
あともう一枚は王と妃の愛の日々。ただし他に女官たちもいる。宮廷の華やかさと無惨さとが同居する一枚。
イメージ (464)

鼠の草子絵巻 室町末期写  姫が去った後の嘆き。このシーンは去年見なかった。姫はたくさんの贈り物を捨てて逃げた。琵琶、着物、什器、遊び道具などなど。いずれも権守が良いものを集めて贈り、姫もそれを喜んでいたが。
なので権守の追憶が止まらず、彼は両袖を目に押し当てて泣くしかない。

鼠の草子絵巻別本 室町末期写  こちらはまた別物で、出ていたのは婚礼の支度シーン。ネズミたちはそれぞれ異なる髷を結うていて、中には江戸初期に禁止された茶筅髷のネズミもいる。こういうのを見ると平田弘史の「茶筅髷禁止令」を思い出すのだ。
鉈豆煙管をくゆらせるものもいる。
胸乳を露わにしながら伸びをする雌鼠もいる。
料理・材料運び・掃除全て滞りなく。権守はサウナで蒸される。
なかなかみんな可愛らしい。

まんぢうのさうし 室町末期写  今回はこれが目的の一つ。「まんぢう」とは何か。
室町末期だと丁度中国から饅頭のレシピが伝わったはず。
具材を詰めた中華まんみたいなのも、甘いのも同時に来たようで・・・
というようなことを思い、「まんぢう怖い」は江戸のシャレだわな、ではこの饅頭は一体・・・
とそこまで妄想が進んだ地点で現物を見れば、「多田満仲」のことだったのだ。
ああ、さうかさうか。
ただまんちゅう・・・いえ、ただのまんちゅうですがな。
要するに息子の美女御前(美女丸という名の話もある)が仏道修行をさぼるので殺してやる、ということになり、家来が自分の出来の良い息子・幸寿丸に身代わりをさせるという話。
それぞれが悔いて、みんなそれを契機に立派になると言うが、一殺多生どころか、困った話である。
上下関係・親子関係の不条理、更にはコミュ障と今なら診断されるかも。

あま物語 江戸初期写  これは去年も好きになった一冊。夜の海を見つめるせつない海女の心。海女でありながら入水自殺を遂げる、なかなか難しいと思うがそれでも決行する。

舟のゐとく 江戸初期写  これも記憶がないので見たいと思ったが要するに「舟の威徳」くらいの意味らしく、舟の効用について書かれたものだった。
ありがたき舟というキモチが登場人物たちに具わっている。

やひやうゑねずみ 寛永頃写  弥兵衛鼠。なかなか智慧のある白鼠で、よく働き、ヒトに福を招ぶ。恩義を受けた人間も弥兵衛鼠を大事にする。

・俳諧関連
夢想の俳諧 1683.8.8 西鶴自筆  「鳴るハはかなき泪にて」云々。

世継翁画賛1679 西鶴自画賛  「吉書也 天下の世継物語」ああ、この「吉書」キッショと発音 は今も老齢の大阪人が使う言葉の一つ。

そして大イベントも成功した西鶴はそのことを記した手紙を出している。

鹿島紀行 1687 芭蕉自筆  月見したのをネタに。桃青、ソラ(曾良)ら門下の名がある。

月雪とのさばりけらし年の暮れ 芭蕉自筆・杉風画  火鉢前でくつろぐ芭蕉が描かれている。

あかあかと日はつれなくも秋の風 芭蕉自画賛  夕日と萩とがある。丸い夕日の外線。

萩鹿図 芭蕉画  躍動感ある鹿ップル。

蕪村も一つ。夜半亭句集から。
永き日を云はでくるゝや壬生念仏
時季外れだが、壬生念仏のガンデンデンという鉦の音色が聴こえてくるようだ。

遠いけれど行った甲斐ある展覧会、というものでした。
11/27まで。
関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア