FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

2017.12月の東京ハイカイ録

今月も東京へハイカイに向かいました。
やっぱり月に一度はお出かけしないとね。
とはいうものの12月は気分が忙しいので日帰り乃至一泊と決めている。

意外に天気が良くて富士山も綺麗。



品川で下車して五反田経由で西馬込。
京急から泉岳寺経由でも同料金。新幹線ならJRの方が合理的。
わたしは大阪人なので合理的でないことは厭だ。
…だーかーらー、どうして大田区郷土資料館への道案内に「西口」とある資料を見てしまうかなあ。
東口からの方がええに決まってるやんか。くそー。

大森界隈は海苔だけやなく麦藁細工でもとても有名で、今回はその麦藁細工を見に来たのだ。
麦藁細工と言えば城崎温泉のを思い出すが、大森のも可愛いもんだ。
先般「たばこと塩の博物館」でもいい細工物を見た。
和モダンの世界 近代の輸出工芸 金子皓彦コレクション
その感想

いいココロモチで駅に戻り、ここから長旅へ。
中井へ出る。そこでちょっと早めの昼にしようとさる店に入り、見知らぬ人と席をシェア。相席ではなく、隣の椅子を使い合うこと。
こういうシステムは同時に食べ終わらないと成立しないけど、今回はうまくいった。

西武線に乗り換え上井草へ。
ちひろ美術館へ向かうと、いつも混んでるか完売してるカリーナのサンドイッチがいくつかあったので、これを買う。



ちひろ美術館前のベンチにつくと、その向かいの席にママさんたちがきてやっぱりカリーナのサンドイッチを出してきた。
向こうはインスタ、わたしはツイッターに挙げる。
カリーナのサンドイッチと言えば1999年の夏以来かもしれない。
当時のわたしは絶賛体調不良で死ぬ死ぬで生きていて、ふらふらになりながらここのサンドイッチを食べたのだった。

絵本を大いに楽しんでからまた中井へ戻り、そこから本八幡へ。
京成に乗り換え千葉中央。
千葉市美術館へ北野恒富展の後期拝見。
よかったわー




ここから池袋へ出てちょっとお買いもの。
いいものをかなり大量に購入できて嬉しいが、かなり体に堪えたなあ。
初日ここまで。

二日めの日曜日。
大手町から西日暮里に出て一駅だけJRにのって日暮里の朝倉彫塑館。
猫百態。すごーーーく楽しい。
大好きな建物の中に朝倉文夫の猫ずらー。
可愛かったなあ。




今度は根津へ。弥生美術館で「はいからさんがとおる」展を見る。
わたしの大和和紀ベストは「KILLA」「アラミス」「イシュタルの娘」なんだよな。
しかし同時代のはいからさん、そしてその次のモガと変遷を見てゆくのは面白かった。

都美でゴッホ展。日本へのトキメキがゴッホの中でどんなに大きかったか確認。
最後は科学博物館でアンデス展。
面白かったよ。

今回は展覧会と買い物とみんな満足した。
新幹線はうまいこと空いていて、読書タイムに最適だったしね。
定宿の人にも「また来年よろしく」とあいさつもしたし。

というわけで12月の東京ハイカイも終わり。
また来年までサラバ。
関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア