FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

天王寺から堺へ

 阪急と谷町線の吊広告比較。新潮と文春、バンチのバイオレンスジャックは一緒、違うのはガンダム。阪急には少年エドワウと童女セイラ。谷町線にはシャアがいる。天王寺に谷町線で来るのは珍しい。
 ツツジに新緑が眼に優しい。ポピーが可愛い。オレンジ色のポピーは野生。一日ものらしい。
 百舌鳥へ出る。堺マラソンしている。大仙公園のもず野と言うレストランで名物あなごかきあげうどん定食食べるがなかなかおいしかった。セリの小鉢おいしいしごはんのうえのちりめん山椒が嬉しい。これで750円です。去年は花ショウブを観に白鷺に行ってその後ここでゴマうどん食べたがおいしかった。
 公園では家族連れがバーベキューしてる。皆さんが走る。それをうどん食べながらみている。ぬいぐるみかぶって走る人が何人かいたが、身体によくないぞ。
つつじが可愛い。本当に可愛い。
バスに乗り安井町で下車しそこからまっすぐ歩いて宿院へ。宿院頓宮は7月末の堺の夜市・魚の市のある場所で、何故かここに兎のモニュメントが沢山いるというかある。廃ビルの窓から花が外壁いっぱいに伝い這う。何か無残な明るさがある。商店街入り口には堺の灯台が貼り付けられている。
 氷のかん袋を食べる。堺に来たら必ずかん袋にゆく。暑いなあ
 本屋で前々から欲しかった本を見つける。「パイドパイパー」これについてはいずれまた。
 寺地町の電停で阪堺電器軌道が来るのを待つ。阪堺軌道廃止は困る。こんなによい電車なのに。不安だ。えびすまでのが来た。
  大小路のレトロビルを撮影したい。花田口の緑滴る公園。青木松風庵のイチゴどら焼きとイチゴ羽二重大好きだ。
休日だからか車少ないね。のんびりゆこう。
 大和川から淀川へ帰る私。夕日と風が気持ちいい。軌道の電停回りにはつつじとパンジーが。東京の都電荒川線には桜とタンポポが印象深い。
 カーブが見えた。綾の町。両脇に迫る家波と濃い草陰、山吹。神社の次は川だ。夕日と風と古い倉庫に輝く大和川。
 あびこ道で乗換え。南霞下車もありだと思うがもう遅い。飛田すぎる道も面白いのに。 住吉。屏風をみたな。灯台と新緑とつつじ 神の木は丘の上だんだんあがり、地上へ緩やかに下る。
 帝塚山3丁目前に廃屋の洋風長屋がある。昭和初期かな。こういうのを車窓からみる愉しみがここにはある。桐の花だ。阿倍野も近い。晴明公民館。そうです。安倍晴明ですね。
 スパニッシュ瓦を使った小さいビルが見えた。さりげなくていいよね。熊野街道の碑もある。住吉街道、熊野街道、それぞれに物語と伝承がある。
天下茶屋に入り始める。昭和で止まる町並み。窓枠が湾曲した町屋がある。これも昭和初期。やがてあべの。そして天王寺。
 帰りは御堂筋線を使う。眼下にホームが広がる。淀屋橋と天王寺の地下鉄の駅ホームのすばらしさは、観るものでないとわからないのではないか。三越の紙袋を持つ人が多い。そう、もうすぐ閉店だから。JRはあんな大惨事を起こしながら大阪駅を作り変えるプロジェクトには、カネを注ぎ込むつもりなのだろう。
 帰宅したがやはり寺地町からは一時間半かかる。遠かった。しかし阪堺電気軌道には又乗りたいのだが。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア