FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

懐かしき年へ 1989年に見た展覧会

毎日なんだかんだと展覧会の感想を書いたり時々近代建築の下手な写真を挙げたりしてるが、今日はどうも体調がよくないので、過去の記憶に溺れることにする。
1989年辺りから、本格的に展覧会に出かけるようになった。
今のように週末ごとに出かけるとか、東京に数日間滞在するとかいうのはまだ始めたばかりで、思えばこんなころからあんまり暮らしぶりが変わってないのに気づく。

19890218 高畠華宵 ナビオ阪急  既にこの頃から好きで、ここでしか見てないのだが「片身の爪」という絵は良かった。再見していないのがせつない。

19890218 松園・松篁・淳之三代 ナンバ高島屋  夕方から半額なのはこの当時から。元々この一族は本当に好きで、原画を目の当たりに出来て嬉しかったなあ。

19890318 ジャン・コクトー アクティ大丸  場内にはサティのピアノ曲が流れていた。詩や小説や映画は見ていたが、絵は初見。とてもよかった。ポスターが当選し、今も部屋に貼っている。

19890319 ピエール・クロソフスキー つかしん  バルチュスより先に兄さんを知る。新聞評で気になって見に行ったが、「ロベルトは今夜」より少年愛の絵が目的。なかなかよかった。

19890416 安井曽太郎 大丸心斎橋  母とオジ夫婦と四人で行き、安井の良さを母とオジから懇々と聞かされるが、いいと思ったのは少年時の昆虫画、孔雀と女、黒地のバラの絵で、本当にいいと思うのはもっと後年の話。

東京へ友人と三人でいった。
19890504 英太郎の世界 弥生美術館  初めて来た。竹中英太郎は元々好きだったが、これでのぼせあがった。非常に良かった。そしてここで「新発見の抒情画」展のことを聞く。

19890505 常設 ブリヂストン美術館  初めて来た。ここと大原と西洋美術館がわたしの西洋絵画鑑賞の修業先となった。感謝している。

19890505 新発見の叙情画 池袋三越  友人と離れ単独で池袋へ。ドキドキする絵ばかりで、これらが後に弥生に入った時は嬉しかった。華宵「ナイル薔薇曲」などがあったと思う。

19890514 アラビアのロレンス 八尾西武  元々「アラロレ」ファンなので飛んで行った。実にいい資料も揃っていて、面白い展覧会だった。よくここで開催できたと思う。

19890528 さよなら電気科学館 電気科学館  ううせつない…写真を撮ったが、それらもいずれここで挙げなくては。四ツ橋よ…

19890603 オディロン・ルドン 兵庫県立近代美術館  アタマが痛くなった。そして建物の構造がどうも体に合わない。村野の作品だと知ってから、高校の体育館も村野だったが、あれと同じかと納得した。

19890611 ヴィクトリア朝の絵画 アクティ大丸  ラファエル前派との邂逅。素晴らしかった。図録を買えたのは僥倖。絵はがきは完売が多かった。

19890715 フランス絵画の精華 京都国立近代美術館  ナント美術館のが多かったかな。これもロマンティックな絵が多くて素敵だった。

19890829 手塚治虫夢ワールド 阪神  亡くなってから最初の回顧展。

19891008 美の旅人・池田遙邨 京都国立近代美術館  新聞広告で見て、ニュースで見て、強く打たれた。それで出かけたが、こんなにファンになるとは思わなかった。本当にいい。

19891010 デビッド・ホックニー 梅田阪急  元から興味があったが、現物を見てちょっと退いてしまった。しかし映画よりはよかった。

19891014 大アンデス 民族学博物館  元々民博は中学生のころから行ってたが、これは新館展示だったかな。

友人と元興寺さんに一泊した。
19891021 常設 志賀直哉邸  まだ改修する前。

19891022 元興寺の寺宝 元興寺  古代の瓦とか面白かったね。

単独で東京ツアーを始めた最初。
19891101 ロダン 西洋美術館  図録もよかった。地獄の門についてちょっと詳しくなった。

19891101 一休 東京国立博物館  初めて来た。一休が長渕剛によく似ててびっくりした。東洋館で見た数々の品が「孔子暗黒伝」を思わせてくれ、そうなのかと納得した。

19891101 アールヌーボーの系譜・夢二世紀末の夢 弥生美術館  再訪。本当に惹かれた。会員になることを決意。

19891101 栄光のフランス近代美術-リヨン美術館 東京都美術館  いい絵を見たが、それよりもここの建物の構造がなにやら謎だった。

19891102 常設 神奈川県立近代美術館  どうも建物が体に合わなかった。見たものも兵庫近美に似ていると思った。

19891102 常設 鎌倉宝物館  まだ仏教美術に無関心の頃。

19891102 吉川英治 神奈川近代文学館  主に「新平家物語」だったか。しかしわたしは「神州天馬侠」「鳴門秘帖」が見たかったのよ…

19891102 常設 大佛次郎記念館  猫だよ猫。

19891103 常設 ブリキのおもちゃ館  マリンタワーにあったが、今はあるのかないのか。タワーからの夕日を一人で見たなあ。

19891103 常設 横山大観記念室  いい感じの和風邸宅。そこで優しい感じの絵を見た。絵はがきも購入して満足。

19891103 「吉原」辻村ジュサブロー 下町風俗資料館  お披露目だったかな、この人形たちはジオラマの中に入っていた。やや小ぶりだった。もうジュサブロー熱が本当に高くて高くて。

19891103 マンガ50年 銀座松坂屋  古いマンガから始まっていて、歴史を見た感じがした。同じ会場でワインの販売をしていて、何を思ったか、ワインを入れてた木箱の木切れを買った。

19891103 ちひろと筆 いわさきちひろ美術館  ちひろはいい字を書いていた。それを見る。割り箸を削り、墨で絵を描くというのも知った。

19891104 速水御舟 山種美術館  茅場町時代。階段にかかる杉山寧「響」の迫力と、暗い床に反映する御舟「炎舞」にゾクゾクした。

19891104 ムンク ブリヂストン美術館  「吸血鬼」がずらーーーーっと並んでいた。色違いバージョン。

19891223 リカちゃんハウス INAX 大阪  四ツ橋時代。わたしの持ってるのもたくさん出ていて、とても嬉しかったよ。

19891223 フランス近代絵画 ナビオ阪急  さてこの内容は今となってはノートを見ないと思い出せない。

これらはすべて自分の記憶から引っ張り出してきたもの。ただし日付とタイトルは自分の拵えたデータベースから。
この年はこれだけしか見ていない。しかしこの年に見たものが今のわたしの基礎になったりもしている。
時は流れたが、そんなに昔とは感じない。
また見たい展覧会が多い…

関連記事
スポンサーサイト



最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア