FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

東博で見たもの いろいろ編 2018.2

やきものの他にも無限に楽しめるのが東博の所蔵展示です。
いいよねえ。

国宝 大聖武「賢愚経」
20180212_141026.jpg
字が大きいので大聖武。かっきりしたいい手蹟。好ましい。わたしは奈良時代の楷書が好きなの。
波斯匿王女金剛品  これは醜いペルシャの王女が仏の力で美人になる話。醜女縁起とかいうみたい。
正直「オイオイ待て待て」なんだが、過去の事案(!)に文句を言うことは出来ない。
しかし読み進めると、けっこうコワイぞ。


群仙図
20180212_142100.jpg
海千山千ならぬ群仙たち。仕える坊やの中には竜の出現に怯えるのもいる。

20180212_142110.jpg

20180212_142122.jpg


孫思邈図 1幅 狩野探幽
20180212_142348.jpg

「重たいがな!」と文句言うてるようにしか見えない探幽の虎だが、案外かまってちゃんかもしれない。
20180212_142356.jpg
探幽縮図もあった。
近年は素描や縮図を見るのが楽しくてならない。

猿猴図 1幅 狩野山雪
20180212_142415.jpg
アーイアイ、アーイアイ おさるさーんだよー
丸顔の猿。ニホンザルは森狙仙を待とう。
この木は柏かな。柏は新しい葉っぱが出て来るまで古いのががんばるそうな。
「エースをねらえ!」に書いていたよ。

渡邊崋山の描いた肖像画も出ていた。
個人的理由である絵を見たとき、暗い気持ちになった。
ちょっとノイローゼ気味かもしれない。
それがわかっただけでもよかった。


厚板 藍地唐獅子模様



20180212_142713.jpg

20180212_142700.jpg
このパターンで色違いの獅子たちが続々と出現する。


明治初めの古写真を見る。横山松三郎撮影 壬申検査関係写真
上から北円堂、興福寺の外壁、般若寺山門、唐招提寺金堂
20180212_144057.jpg
20180212_144112.jpg
廃都の魅力というてはいかんかもしれないが、しかし惹かれるのはこうした佇まいなのだ。
京都にはない魅力だと言っていい。


庭園を見る。さかしまがいい。
20180212_144204_HDR.jpg

20180212_144209_HDR.jpg

20180212_144215_HDR.jpg

ではまた来月。
20180212_143740.jpg



関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア