FC2ブログ

美術館・博物館・デパートでの展覧会を訪ね歩き、近代建築を見て周り、歌舞伎・映画・物語に溺れる日々の『遊びに行った日を記す』場所です。 

うすくち龍野醤油資料館へ行った

雨のよく降る日に龍野へ行った。
バスでお仲間方とツアーをしたのだが雨が降りすぎて色々見て回るということが出来なかったのは残念だった。

龍野と言えば薄口しょうゆ。今でた文字は間違い。本当は「淡口」が正しいが、どちらも併用されてるようなので、ここでは「うすくち」と仮名で書かれている。

外観
IMGP0026_20180314151710465.jpg


IMGP0027_201803141517112da.jpg


IMGP0028_20180314151713660.jpg


IMGP0029_201803141517140f1.jpg


IMGP0030_201803141517164c1.jpg


入館料は10円である。

ホールに淡口しょうゆの歴史を見るコーナーがある。
椅子は樽を再利用したもの
IMGP0002_201803141516040a0.jpg


階段
IMGP0007_20180314151610764.jpg


IMGP0004_20180314151606377.jpg


菊の御紋がついている。
IMGP0005_20180314151607156.jpg

天井はこんな感じ。
IMGP0025_201803141517083ed.jpg


資料を見る。
IMGP0006_20180314151609ab3.jpg


IMGP0008_201803141516127ee.jpg


IMGP0009_20180314151613fb6.jpg
かつて「菊一醤油本社」だったなごり。









醤油蔵へむかう
IMGP0010_201803141516150c3.jpg
お稲荷さん。三本の鳥居が立つ。


郷土資料もある。
可愛い埴輪の馬も出たそうだ。
IMGP0011_20180314151616d93.jpg


IMGP0012_20180314151618763.jpg


奥の階段は上がれません
IMGP0013_20180314151619ffc.jpg


IMGP0014_20180314151621de5.jpg


IMGP0015_20180314151622ee6.jpg


酒もそうだが醤油も昔の蔵の様子を見ると、なんとなく心身が引き締まる。
IMGP0016_20180314151624d44.jpg


IMGP0017_20180314151625b89.jpg


瓦いろいろ
IMGP0019_201803141516283ad.jpg


IMGP0020_20180314151630f79.jpg


美人ポスター
IMGP0018_20180314151627775.jpg
宝塚歌劇を支援するのは昔から。


イギリス積みの煉瓦
IMGP0021_20180314151631c7a.jpg


IMGP0022_20180314151704a82.jpg


いい天井
IMGP0023_2018031415170525c.jpg


IMGP0024_20180314151707724.jpg

退出。

蔵の外観
IMGP0031_20180314151717675.jpg


山下摩起の絵を集めた展示室もある。
IMGP0067_201803141519164d1.jpg
いい絵が多かった。
西宮大谷、兵庫県美で見ていたが、これだけの数を見たのは初めてである。

関連記事
スポンサーサイト
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

フリーエリア